2014.04.07元気配信

元気配信

元気とやる気のあなたに

報連相は、話せばいいのではない。
例えば上司に、何かを決断してもらう場合には、
あらかじめ自分で、認めて欲しい案件を、2つか3つ、作っておくのです。
こんな風に、計画しましたが、ご指導を、お願いしたい。と上司に言えば、上司は、その案件に自分の意見が入るので、あなたの成果が出やすくなる。
ただ、上司が無能な場合なら、どちらでもいい案件を作って出してみたら、いかがですか?

荒金

元気配信一覧へ