栃木アンカー工業株式会社
会社概要
社長あいさつ
経営理念
第38期 経営計画書
会社案内(動画)
第38期 経営計画書(特−5・特−5−1・特6−1より)

【 第38期発表会にあたって

 先日の野田佳彦さんが、総理大臣に任命されたが、これで民主党は、ほぼ(95%)終わりであろう。

 この不況時、三重苦

  
@シルバー大国
  
A借金大国
  
Bデフレ大国

  の時代において、復興の名を借りた大増税を野田(財務省)はやろうとしている。

 せめてあと3年間はやらずに2015年以後にしてほしい(3年間で景気を立て直した後、増税を)
 私は今から25年以上前に、日本は21世紀に入ってから


 中流層が少なくなり、日本人の生活が大変苦しくなると説明してきたが、
 又、10年以上前より2013年がV時の底になり、
 2014年より変化が始まり2020年で勝負がつくと説明してきました。
 その為には2010年、2011年、2012年が最も大切。

 この時代に勝ち組の向う側に入らないと、我社の明日は無いと、
 36期(2010年度)に川を渡りそこね、まだまだ安心は出来ないが、
 37期(2011年)向う岸に片足ついた状況である。
 
 末広がりの今期(38期)、鬼門通過期の最終年度に、社員の皆様の、
 もう一段の努力で勝ち組に入りそうである。

 油断をしないで一つ一つ、決めた事を実行(凡事徹底)をして、

  
@お客様の事を想い一層努力をして
  
A取引先や、回りの人々(社会)に感謝とお返しをして
  
B素敵な魅力ある社員を育て

 社会のお役立ちをしたい。
 当社の将来は、やはりお役立ち、 『安全と安心を御提供出来る会社』



 1.あと10年間は耐震関連、(5年間は官需、その次5年間は民需)
 2.その後10年後は社会に優しいリフォーム業に特化する。
 
 @安全安心
 A社会環境(エコ、節電他)
 B自処理建物(自分の事は自分で出来るだけはやる。

           発電、蓄電、節水、防災、快適、利を生み出す建物等)

 1)技術者の育成計画をたて、今から20年後の為の技術教育
 2)震災や災害や防犯などの為の、日本人の心(絆)を基に、
 3)長期計画を立てる為の数字の読み方、分析、計画等の教育と実施
 4)団結力と思いやり集団の再結成(二度とは無い人生だから、さわやかに生きよう)
 5)先見学の考え方と教育と指導と実施

 3.日本を読み、世界を見て、我社の対策を打てる指導者育成
 3-@指導者(リーダー)は
  @今回の東日本大震災で何が問題か?それは『正確な情報』である。
   「流言飛語」が飛び交い、真実の確認をしなく、右往左往する、
   日本の長の姿を、まの当たりに見た。日本のトップが未熟な為、国内は大動乱をしました。
   政府、官僚、マスコミの慌てふためきは、お粗末の限り。

 危機管理の要は
  @悲観的に準備をする
  A楽観的に対処をせよです。
   組織の大小に関わらず、トップたる者は、腹を据えて堂々と対処すべきである。
   以上が私の最後の10年間「防風林」経営の総仕上。
   それが終了した後10年間はのんびり過ごし、
   その後に「 人生愛夢感動大使」の戒名で、大昼寝に入りたい。
   私が愛した会社の為に、あと10年の総仕上を行いたい。
   皆様の御協力を得ながら、是非一致団結して強手の会社を作り上げ、次世代に引き継ぎます。

                                             平成23年9月4日(友引)
                                            研修に行く予定の白浜が
                                            台風に襲われている時に
                                           栃木アンカー工業株式会社
                                              代表取締役 荒金 憲一



       【 時代を読む 】
                (チェックと反省)


 今後の実施実行

 1.36期1億5千5百万円の赤字(各銀行様に理解を得て、 膿を出せた)

 2.37期利益1億円達成予定

   利益の追求より、1億円以上(大津波が来ても65,000千円)

  @大津波が来ても達成(65,000千円)出来る事を皆と喜びたい。

気になるのは「天候不順と天災」・・・
平成23年の気候は安定せず、ものすごく暑い日々と真逆に
ものすごく寒い日々が続くでしょう。また地震も大いに気になるところです。
世の中が乱れる時は、天に異常現象が起こると言われています。
この年はまさに異常の年になりそうです。  


      "荒金HP「荒金格言」(平成22年12月作成、平成23年1月掲載)より抜粋
       http://www.ta-k.co.jp/aragane/kaugen/2011.01/2011.1.index.html"

 3.50,000千円以上の利益達成(創業以来初めて)

  @是非38期も達成し、会社の安定した形を作り出す。



Copyright (C) 2007 A.Matsu/TOCHIGI ANCHOR co.,Ltd. All Rights reserved.