。。。以前の「格言」はこちらの  ボタンからご移動下さいませ。。。

◆ 2016/1/12(Tue) 五節句(全てが奇数である)

五節句

@人日・・・1月7日人の日(七草粥)
A上巳・・・3月3日(流し雛:病気を移す→流す)
B端午・・・5月5日薬草を摘む(尚武、ちまき)
C七夕・・7月7日(棚幡)
D重陽(ちょうよう)・・・9月9日

奇数が強く、その中でも9が一番強い




◆ 2016/1/12(Tue) 2010年に発表した、今後5年間の時代観

【今後5年間の時代観】
2010年37期、平成22年11月1日発表

(平成22年11月〜平成27年10月)
(第37期・38期・39期・40期・41期)

時代はデフレーション環境です(日本は)
第37期(平成23年)デフレーション
第38期(平成24年)デフレーション(いつインフレーションが始まるか)
第39期(平成25年)インフレーション方向(ハイパーインフレ)
第40期(平成26年)コストインフレ(ギャロッピングインフレ)
第41期(平成27年)予想不可能(混沌の時代)
ハイパーインフレ(6ヶ月間)
デフレ時代に再突入か
第44期(平成30年)決着が着く


平成27年〜30年は混沌の時代。
つまりジェットコースターみたいな世の中になる。
何があってもおかしくない。

世界の国の方針が、
手の平を返す様に変わる時代に突入する。

細かく書けないので、予測をやめます。



◆ 2015/1/5(Mon) 今年の予想

今年の株式は、
日経平均17,500〜22,000を抜く。

@ただし2015年(H27年)は、ジェットコースターの様に上がって下がって
乱高下するが、最終的に上がる。
4〜5月頃15,000円を切る事がある。

A2017年(H29年)までは株は上がる。
30,000円もあるかも。

B2020年(平成32年)±3年に暴落があるかも。
10,000円を切る事も。

※何故か政治がいたずらをする。
金を入れる。


◆ 2014/12/26(Fri) 2011年発表の経営計画書の検証をする

風を読む(世界の流れは)
(予測)

日本の円は2012年4月頃に75円(+ -10円)をつけ、
検証:@2012年2月1日76円
2014年中には110円(+ -10円)に戻すと考えています。
検証:@2014年10月1日110円

今は表面上は                    実際は
1.日本の円は高い - 一番借金が多く危ない国の貨幣(○)

2.日本はデフレ -          輸入品は全て二桁上昇
                    円高2年で120円→75円(○)
       =160%
                 (エアコンは15%UP(9月2日発表))

3.債権や紙幣が安全 - 金や株式や食品に投資すべき(=)

4.二大政党時代        -        保守連合へ(○)

5.デフレ   -   ハイパーインフレへ(5年以内)(×伸びた)
              早ければ1〜2年(世界の流れの変化)

6.太陽光   -   シェールガス(メタンハイドレート)(○)
          オバマ大統領が推進したグリーン
         エネルギーの代表的太陽光会社
        Solyndra(ソリンドラ)社、倒産。
                5億3,500万ドル融資保証の政府出資会社。

※東京都、天然ガスハイブリッド発電。同じ発電量で必要な土地(1/280)、
       3万平米 対 840万平米(太陽光)      (○)

7.お金の時代        -        心の時代(絆)(○)
 コンピューターマネー      実質価値のあるお金へ


◆ 2014/12/25(Thu) 行動原理

経営とは
結局
組織の効果的
運用である

1.凡人に非凡な事をさせるのが組織である

2.コンクリートが強固なのは
セメント・砂利・砂というそれぞれ違った性質のものが
適切な分量で配分されているからである

3.18歳の高卒の事務員が、私の印を押した1億円の小切手を、
銀行に持って行けば、1億円のお金と変えられる。


第10期(昭和58年)発表


◆ 2014/12/25(Thu) 行動理念

国や行政を当てにしない
(国家は国民を守らない)

自助努力の精神を持つ
(少子化も何一つ国家は手を打てない)

『一生懸命』
(自分の事は自分達でやるのみ)

1.一から出直し質素・勤勉を実行する

2.落ち込む時期にこそ!差をつけるチャンス

3.決めた事は決して諦めない、最後までやりぬく

4.大きなイベントの裏で悪さをする

5.本当に頼りになるのは自分と仲間達のいる自分の会社


第10期(昭和58年)発表


◆ 2014/12/5(Fri) 流れ = 世界

1.アメリカの国家警察の無能化=HPに書いたが、
オバマ大統領の無能化、無力化、ともかく運が無い

2.EUのまとまりの無さと、経済の不安
(26年9月今回のスコットランドの独立投票他)

3.ロシア、プーチン大統領の苦戦のシェールガスで、
高い石油が売れず、経済の大幅縮小

4.中国の万博後5年〜10年で
(日本2020年前後5年で、経済崩壊と生活困窮者の膨張)

4-2.中国は軍と共産党の競い(きそい)、7軍団の戦国志状態へ
1)シャドーバンキング問題の解決は困難=500兆円(90%が倒産)
2)モラル無き社会=思いやりなどの全くない国
PM2.5、過剰生産、食品衛生問題
3)富裕層の70%が、中国を脱したいと思っている
元の流出、ドル買い
(海外に国有企業でさえ会社を作り、資産を逃している)
4)軍と共産党の対立と国の分裂
5)アメリカは中国崩壊のシュミレーションをしている
オスプレイの配置の意味(在中国米国人は1万人、日本人は15万人)
日本人は救い出せない

5.軍事費
@アメリカ80兆円、中国20兆円、ロシア10兆円、日本6兆円
A中国の20兆円の内、半分は汚職か?


◆ 2014/12/5(Fri) 流れ = 日本

1.成長路線、2019年までは(オリンピック関連30兆円)
@東京のみが1
A東京に出るか東京の側で東京に入る
Bアベノミクスは最後のバブル(2013.11.1)
1)正社員は40万人減、非正規雇用増(全体の1/3)

2.人口
@100年で3倍に、今後100年1/3になる
A2050年に秋田県で36%減、青森県で32%減、長崎県28%減
B2020年には71歳の人間の人口が一番多い
C40歳で未婚が珍しくない状態
生涯未婚率 男30% 女23%
88歳の父親と61歳の息子が同居

3.住宅
@空き家1200万戸(現在800万戸)=社会不安(当社の関連事業に)
中古住宅活用の時代
A橋、道路の50%は要補修(300兆円必要)(当社の出番)

4.社会保障費の大増加、100兆円→160兆円(当社の新事業)

5.高齢者のメンタルケア(社会問題になる)

6.若い人材教育と夢の持ち方(甘えの構造、レベルの低下)

7.常にアンテナを立て、社会の情報を活用する(新たな発展)


◆ 2014/11/29(Sat) アベノミクスを検証する

(第41期経営計画書で発表されました)

安倍さんが、4月に消費税を8%に上げ、強気の読みを行ったが、
やはり半年経っても消費は戻らず、私の予言通りになった。(第39期計画書)

住宅などは駆け込み買入をせず、
消費税増税後、半年以上経った26年10月頃から考え、
27年の1年後位に買入すると2〜3割引になると。

GDPの4月〜6月期は、前年比率-6.8%と発表したが、
実際は-7.1%であった(0.3%の違いは、GDP500兆円で1.5兆円である)
国家の税収の約3.4%である。
大批判された橋本首相は、1997年4月〜6月は-3.5%であった。

物価は3%台の上昇、人が足りないと言っていたのは4月のみで、
6月よりは失業率も上がり始め、人も募集しやすくなった。

8月の新車販売台数も-9.1%、住宅着工戸数-14.1%である。
株式は、ダウ平均16,229円(26年9月26日)になったが、
景気の良い話は、大手輸出関連企業と、
東京でビジネスをやっている業者が、2017年まで良いだけだ。

我々地方にいる業者が、浮かれているち潰れかねない。

平成26年9月28日
自宅書斎にて
栃木アンカー工業(株)
代表取締役 荒金 憲一


◆ 2014/11/15(Sat) 学ぶ者の基本姿勢

1.我社の教育を受ける者の最も大切な基本的態度とする

守 破 離(修 破 離)

“守”とは、師匠(先輩)の教えをそっくりそのまま守る事。
一切師匠(先輩)の教える通りにやる。
それ以外のやり方は許されない。

これは、師匠(先輩)は長年修練に修練を重ね
一つのものを築き上げてきているわけである。
ゆえに経験の無い者が批判するのは間違いである。

まず最初は師匠(先輩)の
“どの様な修練のもと、どの様な考え方、どの様な態度を持っているか”
をそっくり学ぶ。
言われた事に違反しない。これが基本である。

“破”とは、師匠(先輩)のものを自分のものにした上で、
そこに自分の新たな工夫・努力を加え、
師匠(先輩)の教えから抜け出し、脱皮していく段階。

“離”とは、自分の工夫・努力により
師匠(先輩)の教えから脱皮し、
さらに修練を加え、自らが一つの境地を築き上げる。

2.人に学び、自己の成長を図り幸福になるには、
この“守・破・離”という段階を必ず踏む事が大切である。


◆ 2014/11/15(Sat) 経営計画書トップページより

2013年を境にして日本という湖に海流が流れ込み、
澱んだ日本の温度が変化し始めた。

又、世界は2015年過ぎより、
ドイツのマネーサプライの縮小により、ヨーロッパに異変が生じ、
小さな国の独立等が追い打ちをかけ、
それは経済不安を起こし、
イタリア、スペインなどが巻き込まれ、
その影響はロシアへ、
又、中国が駄目になり、韓国が立ち行かなくなる。

アメリカのオバマは手詰まり状態、
運の悪さが経済の良さを邪魔する。

日本も2018年頃から兆候が出始め、
早ければオリンピック前後3年間にアベノミクスが崩壊するだろう。

今期は初心に戻り、守(修)で進みたいと思う。
この経営計画書の必達を目指し、
強手と言われる『偉大なる中小企業』になる為に。

この経営計画書は、たった一つの経営道なのだ。


◆ 2014/1/20(Mon) 金の考え方

アメリカや日本の専門家の考えの中では、
金や銀は大天井を付けて、今後急落すると考えられている様だが、
私は、中国やインド、ロシア等の国民が、
金に殺到している現状や、金の生産量を見ると、
専門家の考え方は、少しおかしいと思う。
国債を買って、金を売っている人達ではないのか。

@何故、世界的な株高が起きているのか
A何故、円安が進行しているのか
B何故、アメリカが量的緩和の縮小を始めたのか

この事が日本人に分かる時が来ると、
貴金属市場に国民が押しかけるのではないだろうか。

その時には、国債が暴落し、ギャロッピングインフレが始まり、
金利は5%以上ではなかろうか。

1年後の27年12月末と、28年の3月末の、
金の価格が非常に楽しみである。



◆ 2014/1/6(Mon) 2014年の株価の予想

皆さんから聞かれるので書きますが
2015年の12月の株式の予想は、怖くて書けません。

ただ、2014年は、
3月までは18,000円を超える場面もあるかも分かりません。

4月5月は14,000円を割る場合も出てくると思います。

今年の年末は20,000円に届く場面も出ると思います。

プロではありませんので、一応の参考にして下さい。


◆ 2013/7/12(Fri) 参議院選前の予測(7/11日経平均14,472円)


下記の発表は、栃木アンカー工業鰍フホームページに載っていますが、
4/1の入社式に発表された言葉です。


1.アベノミクス 2%の成長するかどうかは、消費税の増税に影響する。

2.今後3年間で株式は8,000円上がり、16,500円になるだろう。
また物価が1.5倍になる。

しかし、
@給料はそこまであがらない。
A参議院選前には14,500円になる可能性が大きい。
B2013年4月1日、日経平均株価終値12,135円


※A7/12 11時 日経平均14,541円
※@日本自動車工業会の豊田章男会長は
政府が要請している賃上げについて、慎重な姿勢をみせた。
(2013年7月11日テレビ東京)



◆ 2013/2/16(Sat) モラトリアム法案終了と対策
                 (2〜3年で県内8,000社、建設関連2,000社が消える)

1.私の考えは大甘すぎた『県内で1,000社が消える』

@60,000社倒産等が起こると、1年前より話していた

A栃木県人口200万人、日本は12,700万人、約0.16%

B60,000社×0.016=960社 約1,000社

C栃木市内人口16万/県の人口200万=8%

D栃木県の倒産等の数『栃木市内商工会議所登録企業 約8,000社弱』

1,000社×0.08=栃木市の倒産等80社(私の従来の考え)


2.清水洋先生のお話『県内で8,000社が消える』

@終了後2〜3年で、中小企業50万社が消える

A500,000社×0.016=8,000(栃木県)×0.08=640社

B栃木市内では、640社が消える


3.某有力支店長のお話『栃木市内で800〜1,600社が消える』

@800社どころでは無いです。その何倍も。

A1度借りて、繰り延べした所は、今度出来ないので実質破綻先?

B800社は確実(2〜3年で)『県内で最高2万社消える』



◆ 2013/2/16(Sat) ※現在返済猶予適用数は320万件(60兆円)

4.建設会社の倒産比率、25.1%(インターネットより)

@栃木県内、清水先生、8,000社×0.251=2,008社

A建設関係『県内で2,000社が消える』
建設関係で栃木市内160社が消える


5.当社が頑張っていても、お客様にこんな会社があれば、共倒れ

お客様のこんな症状は?

@経営改善計画書の提出を求められている

A借入債務の返済が、10年以内に出来ない

B借入金の元本返済を猶予してもらい、実質破綻先、
又は、破綻懸念先と見られている

C借入金が多く、利払いだけで利益は出ない

D銀行から支援は止められ、担保物件の売却要請が来ている

※自社の取引先に上記のような会社はないか徹底チェック


この激動の時代を生き残る為に




◆ 2013/2/7(Thu) シェールガス(来月にも輸出解禁)

アメリカも、とうとう我慢出来ずに
FTAを締結していない国にも、シェールガスを輸出し始める

掘り過ぎて、捨てるよりましか?

1/2〜1/4に輸入代金はなるだろう。

私は設置してないが、
日本政府は太陽光の買取価格42円を守ってよ

すぐに変更するから



◆ 2013/2/7(Thu) ロシア政府がまた日本にスリスリ

シェールガスにより、
世界中が、中東やロシアの石油を買わなくなる

特にロシアがまた〔北方四島〕を、と言ってくる


国会議員の皆さんへ、
同じ轍を何回も踏まないで


二島返還か、1/2返還か

歯舞、色丹、国後、択捉

あくまでも私見だが、中国の香港政策を見習って、
実行支配されているのだから、
実質土地の1/2返還、
後は香港みたいに50〜100年先の返還の約束をさせて、
開発援助をすれば、返って来る約束が出来るなら、

それが政治

今のままなら
100年経っても返還されないかも




◆ 2013/2/1(Fri) 債権市場は安全か


国債も、


大手超優良銀行が買っている国債の、
10年未満約9%、1年未満43%、1年〜538


地元の超優良銀行が買っている国債の、
1年未満42%、1年〜553%、10年以上4


どんな銀行も、長い期間の債券を嫌う様になった。


それは何か、金利上昇を嫌っているのだ。


だから、国債の満期比率を大幅に短縮化している。


つまり、国家の資金繰りも極端に短くなり、

国家の自転車操業と言われる日が目前に迫ってきた気がする。


国債に目を向けましょう。


アベノミクスは、いい事ばかりではないかも分かりませんよ。


◆ 2013/2/1(Fri) モラトリアム法案(返済猶予)


モラトリアム法案の終了になり、中小企業の倒産が増える。


と騒がれていますが、

銀行によって違う、信用格付を知っていますか?


特に中小企業の経営者は、ギアリング比率を見る事が大切と思います。


安全性スコアが大きく変わるからです。注意してみて下さい。


◆ 2013/1/31(Thu) 金は?


最近よく聞かれる話


この頃よく、金は今売ったらいいですか?と聞かれます。

私はお金が必要ですか?と聞きます。

その人は、いや特別必要ではありませんが。

じゃあ、持っていたらどうですかと話します。

下がりませんか?と聞かれます。

神様でないので分かりません。と話します。

じゃ、社長はどうするのですか?

私は当然持っています。

多分(26)の春から年末にかけて、1万円にはなるのではないですか?
と話ている、今日この頃です。



◆ 2013/1/16(Wed) 株はいくらまで上がるの


久しぶりの書き込みをします。

私は、色んな先読みをして参りましたが、
今回は、色々な人から聞かれるので、
昨年の9月の、当社の会議で発表した事を文書にします。

株は25年は、
一度上がって下がって、年末には12,500円まで行くと思います。

又、安倍総理の自民党総裁の任期が終わる、
約2年半後に、14,500円以上行くと思っております。

ただ、怖いのは、
2%成長と、ギャロップインフレ、
次にインフレーションを起す可能性があると、
私は思っております。

気を付けて、流れを見てみたいと思います。

ただし、
投資は自己判断でお願いします


◆ 2013/1/16(Wed) 会社存続、死んでも会社があるように
                                    (24年11月1日発表)


大切なのは、1円のお金から

あと2〜3年後に30年に1回の大きな波が来る

その波に乗る為には


◆ 2013/1/16(Wed) 今後5年間の時代観(22年11月1日発表)


時代はデフレーション環境です(日本は)

第37期(平成23年)デフレーション

第38期(平成24年)デフレーション
(いつインフレーションが始まるか)

第39期(平成25年)インフレーション方向(ハイパーインフレ)

第40期(平成26年)ハイパーインフレ

第41期(平成27年)予測不可能(混沌の時代)

ずれは1〜2年はある
ハイパーインフレが始まってもおかしくない環境である(世界は)



◆ 2012/3/24(Sat) TPPは駄目


九十九害あって一利あればよし


◆ 2012/3/23(Fri) 考え方を180度変化を(東日本大震災)


1)津波によって大型船を入れる良質な港が出来た

@東北に大型コンテナ船を入れる

A海水をかぶった土地は輸出ボードに

B復興は建設業の出番、力を強めていく


◆ 2012/3/22(Thu) 日本は世界の投資主


日本は世界の金主
(海外への投資主、世界最大の純資産国、金持)

1)技術力と資本力と市場を持っている

@日本は大切なキーパーツ(重要部品)を作っている

※日本の報道は、被害のあった人や、傘が飛ばされそうな人のみを映す


◆ 2012/3/21(Wed) 日本国は小国ではなく、巨大国家である


1)日本には1億2千万人の国民がいる

@ドイツですら8,000万人しかいない

A先進国で見れば世界で2番目の国

B面積は小さいが、島国の為、海岸線で見ると世界3位の海洋国家
(広さは世界6位)

※財務省とメディアが、日本弱体論のイメージを先行させ、
現実を見ていない


◆ 2012/2/24(Fri) アメリカのイラン攻撃は基軸通貨の変更阻止の為か?

今回アメリカはイランに対し、同盟国に石油を買うなと指示をした。

イラン側からすれば『石油が売れない』

よく考えてみて下さい。

1941年に日本が真珠湾攻撃をした時と同じ様な状況。

当時は日本に対して日米欧が『石油の禁輸』を行い、
『石油が買えない』様にして、日本からの攻撃を誘った。

今回の、イランによるホルムズ海峡の封鎖を待っているのと非常に似ている。

イラクは石油の代金をユーロで決済しようとして、
アメリカに攻撃をされた。

イランは敵対する国のドルを、基軸通貨から外したがっている。

インド・中国・ロシアは自国通貨で、
アラブからの石油代金を払いたがっている。

ただ、イランにすれば、三国の通貨の信頼が薄いので、
代金を金で要求するだろう。

数年前からこの3国は、金を大量に買い始めている。
だから、最初の取引は、イランは金で決済を要求するだろう。

それから基軸通貨が壊れる時代に入るだろう。

中国は1年間で、約390トンの金を買い入れている。

これからも金を買い集めるから、私のホームページに書いた様に、

金は一目散に高低はあるだろうが、1万円を目指して上がる事が想像できる。



◆ 2012/1/24(Tue) 金とインフレヘッジ


昨日、「社長は何で金を買うのですか?」
と、聞かれたので、私はこう答えました。

「将来のインフレヘッジだよ」

Q「インフレになるのですか?」

A「日本が、そして世界が国債の借金大国だからね」

Q「金が上がるのですか?」

私は、こう答えました。

A「上がると思うよ。先進国日米欧の国債が低く抑えられ、
お札は大量に発行され、それが後進国や、
開発途上国に回っているから。
そして、
その金が、金の購入に回っているから、
ロシアや中国が大量に買っているよ

例えば、
中国では、9月が57トン、
10月が86トン、11月が103トンの、
香港より中国本土へ金の輸出が、過去最高を更新しているよ。」

Q「社長は、どう考えていますか?」

A「じりじり金は上がっていくよ。

来年の春にはグラム1万円もあるかもしれないね(笑)。」


◆ 2011/12/13(Tue) 私はこう思う

指導者(リーダー)は

今回の東日本大震災で何が問題か?

それは『正確な情報』である。

「流言飛誤」が飛び交い、真実の確認をしなく、
右往左往する、日本の長の姿を、目の当たりに見た。

日本のトップが未熟な為、国内は大動乱をしました。
政府、官僚、マスコミの慌てふためきは、お粗末の限り。

危機管理の要は

@現状を把握して

A悲観的に準備をする

B楽観的に対処をせよ

です。

組織の大小に関わらず、
トップたる者は、腹を据えて堂々と対処すべきである。


◆ 2011/12/12(Mon) 社員の心得

仕事をする組織とは

笑顔があり

達成感があり

上下関係に信頼があり

明るく仕事に取り組め

たとえ、きつく辛い仕事でも

感動があり

喜びがあり

感激がある

最後にはお客様に感謝を出来る集団が

勝ち残るのだ


◆ 2011/12/11(Sun) 経営方針

企業を存続させる為には

経営方針の樹立と、それの厳守

お客様戦略とたゆまない実行

そして社員の為の社内体制の確立である

ただし

それはお客様あっての事である


◆ 2011/12/10(Sat) 軍略 戦いの進め方

全ての事は軍略に基づき

戦略を組む

それを戦術におとして実行する

それが確実に出来た時

その企業は増殖し始めるのだ


◆ 2011/12/9(Fri) 『革新』を起すには

リーダーが先見学を勉強し

改革方針を立て、

強い決意、

揺るがぬ信念と

熱い思いを持って行動し続けないと

流れは変わらない


◆ 2011/12/8(Thu) 今後の基本的な考え方

1.2010年・2011年・2012年
この3年間が中心と考える

2.その前年5年で大きくぶれる
(2005〜2010年)
@2008年リーマンショック

3.2010年2012年が台風の中
(何があってもおかしくない)
@東日本大震災
Aヨーロッパの経済危機(PIIGS)
Pポルトガル・Iイタリア・Iアイルランド・Gギリシャ・Sスペイン
Bアメリカのデフォルトの問題

4.2013年からのデリバディブの破綻(2013〜2020年)
@イギリスのオリンピック以後
APIIGSとそれに続く国の破綻
Bアメリカ及び、その周辺国の経済破綻

5.アジア圏経済の膨張後の破綻(2012〜2019年)
@中国等のバブルの崩壊
A経済水域を巡っての諸問題の発生
B日本の空洞化と失業率が上がる

(経営計画書より)


◆ 2011/8/17(Wed) 実は日本が一番危ないのだ

「世界で最も危機的な財政状態にあるのは、実は、日本である」

今までは、「欧米の金融危機」だけに焦点が当たることにより、
「日本の問題は、まったく無視されていた」

あるいは、反対に、
「欧米の通貨は危険である、だから、日本円を買おう」

そのために、今後は、
「欧米の金融危機」と同様に、
「日本の金融危機」に
「円安、株高、金利高」ということが考えられますので、
今後、このような状況が訪れ

その時には、本当の意味で、
「日本の危機が始まった」
と考えていただきたい。


◆ 2011/8/10(Wed) 8月危機に気を付けろ

「過去100年の歴史をみると、大きな事件は8月に起きている」
というものです。

具体的には、「1914年の第一世界大戦」
「1993年の第二次世界大戦」や
「1968年、プラハの春と呼ばれたチェコの変革運動」

8月に、特に注意をしたいものです。



◆ 2011/5/16(Mon) 何故復興税を投入して、景気を悪くしようとするのだ

日本政府が持っている、外貨準備金を
売却すればいいじゃないか。
50兆円以上の金が出る。

理由:

@米国の格付けは、日本国債を遥かに上回る、
最上位格に位置づけされているのだから、
日本が、外貨準備金の為の米国債を売れば、
世界一だから、すぐ売れるのではないか。
日本国より、遥か上に位置づけされているのだから。

A日本政府は、今年の4月末時点で、
外貨準備金は1兆1,355億ドル保有している。

あの小泉首相の2002年9月末は、4,607億ドルにだった。
その時点まで戻せばいいのだ。

差額は6,748億ドルある。
今の為替レート約80円で計算すると、
約53兆9,840億円、約54兆円の円資金が増える。

そうすれば、
@財政赤字を増やさない
Aインフレ傾向になる
B外貨差損を生まない
C円安傾向になる
D増税しない為、景気が伸びる

他、いい事がたくさんある。

政治家の皆さんへ、
少しは経営感覚を持ち、お金を大切にして、
日本国の金は自分の金と同じくらい、
いや、
以上に考えて、
政治をして下さい。

宜しくお願いします。

追伸:

もし、中国や他の国の様に、外貨リスクを考えて、
5,000億ドル程度、金に換えていたら、
当時(2002年)は1g1,300円、今は4,200円
3倍強の1兆5,000億ドル位にはなっている。
又、
この半分としても、そうとうな額である。

当時から、金は約3.5倍に値上がりをしているのだから。
(資産運用を考えて欲しいものである。中国や、ロシア政府程度に)



◆ 2011/4/19(Tue) 栃木県は首都機能都市の最適地

私は2009年より、
寺島実郎の時代先見塾の塾生となっております。

今回、寺島先生より、

文化の首都 = 京都
経済の首都 = 東京
政治の首都 = 新東京
杜に沈む首都機能都市の那須地域、

というお話を頂きました。

尚、
私見ですが、
今後のアジアの展開を考えますと、
電気や自動車の部品等は、
九州が主力になるのではないかと、
思っております。

@政治の首都=新東京(那須地区)に関して、
私はすぐ、当社の山荘と、那須の社員寮(10階)に行き、
震災後の調査をしましたが、
山荘は、ヒビ割れ一つ無く、
地盤の固さを証明しました。
当社の社員寮のマンションも、
ほとんど被害がありませんでした。

尚、
当社の海の家、茨城県大洋村は、
基礎にヒビが入り、
大洋村に行く途中の、
周りの街の電柱は斜めになり、
地盤の弱さを証明してました。

A新幹線が、東京から那須塩原まで、
すぐ開通したこの事は、
首都圏機能推進に、
大きくアピール出来る事だと思います。

是非、何かの参考にして頂ければ、
幸せに思います。



◆ 2011/4/8(Fri) これからの日本は

外国人投資家は、
政府がどんな手を打つか、虎視眈眈と狙っている。

今、心配は
@増税と A輸出企業の減産
操業短縮(自動車、電気他)

だが、考え方を変えると、
壊れた後は、再投資をしなければならない。

又、日本人の心が団結した。
そして、円安だ。

大幅な円安になれば、
輸出企業の生産が20〜30%落ちても、
利益は確保出来る可能性がある。

みんなが頑張って団結して、
経済を立ち直したいものです。

自粛ばかりでは、日本が落ち込むばかりである。


◆ 2011/4/8(Fri) 増税の好きな、日本人のトップの方へ


今は、増税すべきではない。
国債を増発しても、災害復旧をする事。
(いや、東北地方再建設)

自民党政権は、
今までダラダラと借金をしてきたのだ。

国・地方を合わせて約1千兆円の借金。
今更30兆円や50兆の増発に躊躇しないで
経済を良くする事を、第一として欲しい。

くれぐれも、心配する国民の一人です。


◆ 2011/4/7(Thu) 金価格について


問合せが多いので、

昨年の7月30日に、
来年の3月〜5月に、1キロあたり、5千円とみてます。
と、書きましたが、

又、年末には、1万円が軽く突破する事がありそうです。
と、書き直しましたが、

この春の相場は、
5千円は突破し、年末の目標の1万円を
どこまで追い込むか、追い抜くかを、
非常に注意しています。

ただ、各々の投資は、
自己判断でお願いします。


◆ 2011/3/18(Fri) 東日本大震災に遭われました、被災地ならびに
                 関係者の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。


今回の東日本大震災が起きて、
国の現状は、まさにリーダーがいなく、
国家は国民を守らない
という姿が浮き彫りになりました。

企業のトップとしての危機管理は、
最悪を想定して、準備をし、
行動する時は、明るく前向きに対応をする。
(段取り8分、行動2分である)

流れている情報を鵜呑みにせず、
情報分析をして、
部下や社員、協力者に
的確に指示をする事である。

この危機的状況に、
私は先頭に立って対応していきます。

辛卯の年は、前半が辛い年
辛さを頑張って乗り越えると、運気は開いてきます。
是非、頑張りましょう。

そして、ボランティアとか協力を出来る事は、
進んでやりましょう。

被害に遭われた方の、1人でも多くの人が
無事でいる事をお祈り致します。


◆ 2011/2/4(Fri) 気になる中東(ハイパーインフレへ?)

@チュニジア大暴動問題
Aイエメン大デモ隊問題
Bエジプト100万人デモ大統領退任要求問題

さらに私が想像致しますのには、
サウジアラビア、王族一族3万人いるこの国に、
飛び火するのではないかと思っております。

もし、その様な事が起きた場合は、
油は高騰し、
超ハイパーインフレになる可能性があります。

非常に気になっていますので、
報告させて頂きます。

この原因の一つは、
食糧等の高騰があると思います。


◆ 2010/12/27(Mon) 日本人の国家に対する想いが薄れてきている

今年も暮れようとしている。

尖閣諸島の問題や、
北朝鮮の延坪島(ヨンピョンド)に対する砲撃など、
私達の国に対する想いを、今一度考える、
いい機会となりました。

私達は、
太平洋戦争で、亡くなられた英霊に対しては、
感謝をしながら生きていくべきと。
又、国家に対しては、
敬意を払う事が大切だと。

私は少なくともそう考えている。

ただその思いが、今の内閣を見ていると、
薄らぐ様な気がします。

私達は、総理大臣に良い政治をして、目標を明確にして
国民に希望を与え、引っ張って欲しいと思います。

今の現実は、とても悲しく、寂しい事だと思います。


◆ 2010/12/4(Sat) 菅総理ならびに日本の政治のトップにお聞きしたい

質問@

北朝鮮が、韓国の延坪島(ヨンピョンド)に砲撃をして、
韓国軍は、すぐ打ち返しましたが、
打ち返し方が少ないとなり、担当大臣が変えられました。

質問A

竹島は、日本国有の領土と私は思いますが、
もし、北朝鮮国が竹島に砲撃を行った場合、
日本国はどう対応するのでしょうか?

竹島に砲弾が撃ち込まれ、
韓国軍が北朝鮮に打ち返したとしたら、
韓国の領土として、世界は見る事になりませんか。

◆ 2010/12/4(Sat) 菅総理ならびに日本の政治のトップにお聞きしたい

質問B

北朝鮮軍が、尖閣諸島に砲弾を撃ち込んだ場合、
日本国は人がいなくて、誰もケガがなくて、
ああ良かったで終わるのでしょうか?

質問C

尖閣諸島に砲弾が撃ち込まれ、
領有権を主張している中国が打ち返した場合は、
日本のトップの方はどうするのでしょう。


◆ 2010/12/4(Sat) 菅総理ならびに日本の政治のトップにお聞きしたい

質問D

壱岐対馬や(日本人が住んでいる)島に
北朝鮮からの砲撃があった場合、
日本のトップの方は、打ち返す命令を出せるのでしょうか。

それとも、厳重抗議をし、推移を見守るのでしょうか。

最後に

何の為の高い金で、
イージス艦やパトリオットミサイルを装備しているのか。

本当に使えるのか
心配をしている国民の一人です。


◆ 2010/11/17(Wed) 2島返還方針も撤廃

15日付のロシアの有力紙コメルサントは、
北方領土を、最終的に返還させるとの幻想を
日本側が抱いていると批判。
「これらの島はロシア領であり、
この問題を協議することはないというのが今のわれわれの立場だ」
と強調したという。

一方15日付のロシア経済紙ベドモスチは、
ロシアは極東の開発で隣国の協力を必要としており、
中国より日本をパートナーに選ぶ方が望ましいと解説。
まず日本に2島を返還し、
領土問題の解決を図るべきだと論じた。

このロシア国に対して、日本の国会議員と政府は、
国益を考えて、ごまをするのではなく、
ロシア国に対して毅然と、
又、国民に分かる様に対応すべきである。

それが外交と思う。


日本がポツダム宣言を受けて、
終戦した8月15日より3日後の、8月18日から22日に、
ソ連軍は北方の島、占守島(しゅむしゅとう)に攻撃を仕掛けて占領して、
日本は国連の裁判所に、訴えてもいない。
又、現在は全く抗議もしていない。


平成22年11月13日(土)第37期経営計画発表会にて


◆ 2010/11/16(Tue) お金とは

お金の為に
仕事をしているわけではない

でも、お金が必要だから
仕事をしている。

お金が無ければ
生きていけない訳ではない。

でも、お金が無ければ
生活できない。


平成22年11月13日(土)第37期経営計画発表会にて


◆ 2010/11/16(Tue) 私の商(あきな)いに対する考え

商いに対する信念は
『がめつく儲けてきれいに使う』
私は商売を始める時の基本が上記の言葉です。

この言葉は、私が小学校5年の時に
大阪の商人が教えてくれたものです。

そして、こうも言いました。
『一円の金を笑うものは一円の金に泣く』

金を稼ぐ時
「商取引に対しては一円の金にも真剣になれ、
必要のない値引はするな、
安易にすると売価が売価でなくなり
ひいては、相手から信頼されなくなる」

また
『必要のないお金は頂くな』
とも言われました。

このことは
お客様に納得して戴ける売り方をしなさい
という事だと思う。

よく
一生懸命やったから、できる限りのことをやる、
とかいって納得する、またさせようという人がいますが、
私は、一生懸命やったという自己満足はあるが、
かといって損をしてもよい、
失敗して赤字を出してもよいということはないと思う。
いくら一生懸命やっても、会社を倒産させては駄目なのです。

やはり利益を出し、社員を幸福にすることができなければ
なんにもならないと思います。

だから我々は常に儲けぐせを身につけることが大切です。

昭和57年11月1日
第9期経営計画書にて
栃木アンカー工業株式会社
代表取締役 荒金 憲一


平成22年11月13日(土)第37期経営計画発表会にて


◆ 2010/11/15(Mon) 国家は国民を守らない

日本がポツダム宣言を受けて、
終戦した8月15日より3日後の、8月18日から22日に、
ソ連軍は北方の島、占守島(しゅむしゅとう)に攻撃を仕掛けて占領して、
日本は国連の裁判所に、訴えてもいない。
又、現在は全く抗議もしていない。


平成22年11月13日(土)第37期経営計画発表会にて



◆ 2010/11/15(Mon) 国家は国民を守らない

官僚は、自分達の事のみ

@年金の無法地帯(不明や、でたらめ1億件以上)
A最高152才の人が(120才以上で不明者5,000人以上 大阪市)

私は1年以上前に、ワタミの渡邉社長の、
見守り弁当650円は、素晴らしいと話していた。
(宇都宮市は100才以上不明者300人)


平成22年11月13日(土)第37期経営計画発表会にて


◆ 2010/10/2(Sat) 2つの重大事件を見落とすなA

「村木事件」というのは、御承知の通り
「検察官が、偽の証拠をでっち上げ、逮捕された(しかも組織ぐるみが?)」

前代未聞の事件だ。

これは、
私達に「国家の信用や、信頼感の喪失」
をさせる最大の事件である。

事件を取り調べる人が、証拠の偽造を行った。
誰を信用すれば良いのか?

今の世の中の「金融」や「安全性」は、
虚偽の報道がされているのではないのか?

「権力の暴走」を、詳しくチェックして頂きたいと思う。


◆ 2010/10/2(Sat) 2つの重大事件を見落とすな@

1.「日本振興銀行のペイオフ」は、預金神話を壊すきっかけ

「銀行預金や郵便貯金が、紙切れになることはない」が
まさに、
根拠無き信仰だった。

今後は、この事件が、1匹のツバメではないか、

後で、1,000匹のツバメが飛んでくる。

戦時中に、アメリカの爆撃機が、
1機中国より飛んできて、東京を爆撃した事件
最後には何千機の爆撃機が飛んできた。

※本当に安心できる資産とは、一体何なのかを?


◆ 2010/9/2(Thu) 今度の総理大臣になる人は、方針を打ち出して欲しい。

@景気回復最優先

A円高抑制の為の為替介入

B衆議院選解散が予定される2013年までの
消費税を上げない

C天下り廃止の徹底と、官僚の無駄使いの抑制

D自主外交、ドイツやイタリアと同じ様に
※アメリカの言いなりにならない事


◆ 2010/9/2(Thu) 社員の質問に答えて

Q:御苦労様です 夜分申し訳ありません。
影でとうしてきた小沢氏が 表舞台に出ようとしています
国 政府 民主党 どう変わりますか?(平成22年8月31日)



A:昔、田中角栄総理が、
大動乱の梶山、動乱の小沢、平時の橋本、
という話を聞いた事があります。

今の閉塞感、
失われた20年を改善出来るのは、
小沢さんかな?

菅さんは、
アメリカから頭を撫でられ、
何も決められません。
(為替介入すら米国に聞いて、許可を得てやるのかな?)

また、
全て、皆先延ばし、
やったのは
@朝鮮(韓国に)また謝った事と、
A小沢さん黙ってて下さいかな?
(日本の報道と、自民党、官僚、大企業、アメリカ、
日本を奴隷にしておきたいから、[金と地位協定、アメリカ人優位])

国民はヒステリックに、小沢が嫌いだから菅かな
(本当に経済を建て直せる人が良いのだがね。)。

地方票が菅さん有利だが、
どれくらいの差かな?。

下馬評は菅さんだが、
運勢は今年と来年は、
小沢さんかな。

参考になれば、
荒金。


◆ 2010/8/26(Thu) もし小沢首相になったら

今の国会議員のレベルでは、
もし小沢さんが首相になったら、
国会議論は、小沢氏(政治と金)の問題のみになりかねない。
小沢支持グループは、その覚悟はあるのだろうか。
衆院選の公約は破綻している。
今日において。

マニフェストの実行が、本当に可能なのかどうかを問いたい。


◆ 2010/8/26(Thu) 円急伸、一時83円台

菅総理、財務大臣は、策はあると話している。
何故動かないんだ?
菅さんは、円は90円以上が理想と言っていたが、
83円台になっても(平成22年8月24日)流れを見守る。
どういう事なのだ。
※灯台ではない、
一国の総理だろう

参議院選大敗で、精彩を欠く菅首相
消費税に及び腰、難局に挑む気概を見せてほしい。

新人議員におべっかを使い、
多数派工作に、走り回る時期ではないだろう。

一国民だが、非常に心配をしている一人である。


◆ 2010/7/30(Fri) 今年の株式は

今年の4月1日に、
ダウ平均1万8千円もあるかもしれないと、話をしましたが、
年末には1万3千円、それが出来なければ、
来年の4月期プラマイ1ヵ月で1万5千円前後が
来る可能性が非常に高いと
私は思っています。

なお、株式投資は自己責任でお願い致します。


◆ 2010/7/30(Fri) 金価格について

私は、今年の2月1日に、
秋は、金の相場は1kg 5千円と見ています。
と書きました。

又、年末には1万円はあるかもと書きましたが、
来年の3月〜5月にずれこむ可能性が出てきました。

ただ、金価格は、
1万円を軽く突破する事がありそうです。

是非注意をして下さい。


◆ 2010/7/29(Thu)メキシコ湾の英BP原油流出事故についての疑問と不安2

@ハリケーンが来た時に、もし原油が陸上にばら撒かれたら、
電気系統、例えば電線等で爆発や、
又、メタンガス等が発生しないのか?

A3月までに、ゴールドマンサックスが、
英BP株を売却したというが、
これは偶然なのか?
故意なのか?

A-1 この売却をした関係者に、
英BP社の首脳が入っていないのか?

B5000m下の原油層に、海水が入り込んだ時の
大爆発等の危険はどうなのか?

※これは海で油田を開発する時に、
当然考えられている事だろうが、
対策は出来ているのか?

以上が、私の大きな疑問と不安である。
この不安が当たらない事を切に願います。


◆ 2010/7/28(Wed)メキシコ湾の英BP原油流出事故についての疑問と不安1

@原油流出は止まっているのか?又、止めて良いのか?
吸引する方法は無かったのか?

A止めたら、1600mの海底から5000m掘っていると言われる
その部分から、逆三角形で原油の漏れは、発生しないのか?

Bメキシコ湾にいる米海軍は、本当にいるのか?
テロ対策を理由に、他の湾に移動したのではないか?

以上の疑問を持って、見つめています。


◆ 2010/7/1(Thu) 何を考えているのだ、菅さん

来年はリーマンショック以来の、
経済危機の二番底が来る可能性が非常に高い。
 
菅さんが
選挙管理内閣を目指しているなら、いざ知らず、
昨年の8月の衆議院選で示した公約を
ことごとく覆して
 
今度は消費税10%かい。
今の時期の大増税は
まさに自殺行為か自爆テロ
 
今の時期は
「景気回復の維持」以外何も無いはず。
 
それは橋本内閣など
過去の歴史を見れば当然と思いますが?
 
ただ私は
国の借金をこのままでよいと言っているわけではないよ。
 
だがこの内閣の運営では
来年の
我が国の経済の悪化と、株価の再下落を非常に心配する
一人であります。


◆ 2010/6/24(Thu) 選挙のリーフレット(入会申込書)は、お金と同じ思いを

選挙のリーフレット(入会申込書)は、

何も無い紙に、ある人が候補者の為に

(又は、頼まれた人の為に)

わざわざ時間を割いて、記入をされているのだ。

だから1枚の上でも、お札以上に大切にしなければいけないのだ。

又、

我々経営者は、小切手帳や支払手形(ただの紙に)

記入をして判を押したら、それはお金になるのだ。

もちろん私の場合は、

不渡りをしないぞという、心の契約上において、

祈りを込めて印鑑を押している。

だから、不渡りにしないのだ。

同じ様に、人様の手をわずらわして書いて頂いた、選挙の入会申込書は、

まさに同じ様に扱わなければいけないので、

それは人の心がこもった、

そして

人の心の広がりと、繋がりだからだ。


◆ 2010/6/7(Mon) おかしくないか、辞任の仕方

先日、小沢さんと鳩山さんが会談をして、

出てきた時に親指を立てた。

次の日に辞任をした後で、あの親指は小沢さんの

首を取ったから親指を立てたと話しているテレビの解説者が沢山いたが、

鳩山さんの、辞任の時の会見をお聞きすると

(私も辞めるので)小沢幹事長も、お辞め頂きたいと話していたが、

もし前日決まっていれば、両院議員総会では、辞めて頂きたいではなく、

昨夜2人で話し合って辞任することになりましたと、

報告するのが、ごく当たり前だと思うが、

首相が、幹事長を辞めさせたぐらいで、親指を立てるだろうか?

あれは、継続の約束があったのではないだろうか?

今回の辞任は、鳩山さんの抱きかかえ辞任ではないだろうか?

私の考えすぎでしょうか?

歴史が証明すると思うが。


◆ 2010/6/3(Thu) 非常に残念とも

鳩山総理が、昨日辞任された。

いつも思うが総理の辞め方が、すごく失礼だが下手だと思う。

鳩山さんの本音は、米国軍は基本的には国外だろう。

何故、辞める覚悟があるならば、

自分の主張していた事を、アメリカに言わないのだろう。

自分の意見を言って、退陣すべきだ。

20年先でも、30年先でもいいから、国外移転の約束をさせて、

今、辺野古に建設すべきだと思う。

つまり私はいつも言うが、中国の外交は見事である。

香港は100年英国に貸し(占領され)100年後に返還された。

ただ、今もソフトランディングの途中である。

まさに、中国を見習うべきでなかったか。

鳩山さんのファンとして、非常に残念に思う1人である。


◆ 2010/6/3(Thu) 過去の非常に残念な総理の辞任は

それは安倍総理である。

天下り問題を真剣に追及し、官僚に虐められ、

ボロボロになり、病気になられた方であるが、

所信表明演説をされ、代表質問を受ける1日前に

ご病気で退陣された。

大変失礼な言い方だが、安倍首相の言われた、

アメリカ軍等への給油問題で、辞任をされたわけだが、

代表質問を受けている途中に、インド洋の給油は

1.アメリカとの信頼関係

2.日本の石油の安定供給

3.アジアの友好国の為

と言って、小沢さんの質問を受け

(小沢さんが、故安倍晋太郎さんの葬儀の時の、
   密葬に参加した、たった1人の政治家と言われている)

私が命をかけても、このオイルロードを守ると壇上で話され、

体の具合が悪くなって、病院へ救急車で運ばれたら、

「カムバック晋三」と叫ばれたのではないかと、

つくづく安倍晋三元総理に、

名参謀がいないのが悔やまれて仕方ない。


◆ 2010/5/31(Mon) 流石に生き残ってきた航空会社

先日5月30日、サイパンからの帰国便が、約3時間遅れた。

その時の、デルタ航空の社員の人の、

乗客を乗り込ませる、対応の素晴らしさに感心した。

一番後部座席の番号の人、6人から並ばせ、

最前列の人まで一斉に搭乗させる。

費やした時間は、従来の乗り込み方法の1/5であった。

ゴルフ大会で人数が多い時の、

18ホールに1組(4人ずつ)待たせ、

花火で第1打を打つ、ショットガン方式を思い出した。

デルタ航空さんの1分でも早く、

遅れを取り戻そうとする努力に感銘しました。

流石に、この航空業界で、

生き残っている会社だなと思いました。

安全運航をお願い致します。

ありがとうございました。


◆ 2010/5/8(Sat) 韓国軍の軍艦の沈没

日本にいる、私たちはあんまり考えないかも、
知れないが、
 
非常に悲しく、大変な事が起きた。
 
韓国の首脳の判断が注目される。
魚雷とも
爆発物とも言われているが(原因は不明だが)
 
アメリカから
専門の調査員が入り調査をしているとも。
 
結果次第には大変な事に、
 
北朝鮮のロケットは何基が韓国、ソウルに、
何基が日本に向いているのかな。
 
韓国の首脳の方々の、決断と発表が非常に難しいと。
 
平和を祈る一人で有る。


◆ 2010/5/3(Mon) サイパンの地元案内本を読んで

私は社員研修をサイパンでやっています。(1対1の、一人一時間面接を)

サイパン空港に着いて、無料で手にした本に、

飲み屋さんとか、食べ物屋さんとか、クラブが、載っている本の中に
 
「普天間問題とグアム、テニアン」という記事があった。
  
2つの記事に目が行った、
 
※一つ目は
 
在日米軍基地(沖縄本島)
 
在日米軍専用施設の面積は沖縄本島の約18%を占める
(山岳地帯を抜いたら、何%なんだろう、半分ぐらいかなあ・)
 
※二つ目は
 
北海道の載っていない日本地図だ。
 
つまり、米露冷戦時代に北海道には、
 
沖縄に沢山いる陸軍(海兵隊)は作らなかっとたのか?、一人もいない
 
だからソ連の戦車がせめて、日本に来たら、
 
米空軍が爆撃をする場所は、北海道(札幌他)なのだと。
 
三沢、厚木から飛び立った、
飛行機が
 そして、
 
ソ連共産軍は津軽海峡を突破したら、次の戦場は仙台であり、栃木なのだと
 
そういうストリーを組み立ててみたが
 
今、
外国の軍隊が攻めてきたら
本当にアメリカは日本を守ってくれるのだろうか?

 
国会議員の方にお聞きしたい。
イラクやアフガンにしかいない     海兵隊が?。。


◆ 2010/5/2(Sun) 鳩山さんにエールを送ろう

辺野古の海は美しい。
 
普天間の基地機能を分散することは不可能に近いと思うが?
 
段階的には可能かもしれない、
 
それに挑戦するのが、
 
政治であり、一国のリーダーたる鳩山首相ではないのか
 
沖縄の県民の皆さんの負担を軽減する為にも
 
これは難題だが
 
鳩山首相は、県外の了解を必ず取り付けてほしい。


◆ 2010/5/1(Sat) 推奨株はと聞かれますが?

これは、(笑)神様に聞いてください。

完璧に上がるなら、黙って私が買います。

ただ

あえて、言うなら、

・住友鉱山 ・堺化学 ・菱電商事 ・この株はきわめて割安かな。

但し 株式購買は皆さんの自己責任でお願い致します。


◆ 2010/5/1(Sat) 株式についての質問

今後は(私に株の事を聞いてくる人が大勢いるので一応お答えしますが)
 
あくまでも、株式は個人の責任でお願いします。
 
私は日誌に円高になると書いたが、今後は(株式や貴金属の価格の暴騰)

そして円安などの事態が考えられる様になってきた。

これは決して、景気が急速に良くなっているわけ
ではない。

大量に世界中に出回ったお金が、ハイスピードで流れ出したからである。

そして、この事は大インフレに繋がると思われる。

ただし、今後はこの事を理解した上で、投資を考えて下さい。

これからが本当の意味で、金融の大混乱、

世界中が大きく変わり始める時期に入ったという事です。


◆ 2010/5/1(Sat) 究極の通貨は
 
金や銀に「世界の資金が殺到」するだろう。
 
このことが「ジョージ・ソロス氏」の言っている、

ゴールドが究極のバブル状態にあり、現在進行中です。
 
やはり、インフレの大ハリケーンが間もなく、

世界中を襲うと思われる  今日である。


◆ 2010/4/30(Fri) ギリシャの危機は世界的な危機だ

 
ギリシャは格付け会社によると、三段階下の投機的水準になった。
 
4月12日に、10年国債の金利が6.6%、
4月27日に9%
4月28日に13%になった。
 
国債の価格が、1/2になったという事だ。
 
ポルトガルも二段階下げ(PIIGS)が危ない。
 
もちろんGのギリシャよりも、日本の方が危ないのだ。
 
今、私は、この事に震えが来ている、
 
又、日本の政治家が、何もしなかった事に対して

怒りを感じている一人だ。
 
どこに文句を言っても仕方が無いが、

せめて我が社の社員と家族は守りたいものだ。


◆ 2010/4/29(Thu) 財政再建(日本経済新聞より)

                     「財政再建、選択肢狭く」赤字の構造、日本も共通
         (日本経済新聞 2010年(平成22年)4月29日(木曜日)より)
         
        在日中の米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の
       公社債格付け統括責任者、ポール・コグリン氏は日本経済新聞記者の
       インタビューに応じた。 
       
       ギリシャ国債格下げの背景について、財政再建に向け
       「政権が取れる選択肢が挟まっている」と説明。
       構造的な財政赤字は各国に共通する問題で、日本も「構図が同じだ」
       と述べた。
       
       日本国債については、
       国内消化が進む限りはすぐギリシャのような状態にはならないとした。
      
       しかし、
     
       構図は同じで「先送りは解決をより困難にする」と警告した。
       「債務残高が積み上がる一方で、高齢化により貯蓄率は今後下がる。
       
       リスクは年々高まり、いったん金利が上がり出すと財政は苦境に陥る」
       と指摘した。
   

◆ 2010/4/28(Wed) 「民主党の迷走」にはほとほと疲れるが

 
 
               困るのは、政治が乱れると、経済が混迷をするということだ
 
            雪だるま式に増える「国家の借金を」返せると思っている国会議員がいたら
 
                                         やり方を教えてほしい。
  
                            返せるとしたら「非常時の解決法」しかないのでは
 
                                   つまり「紙幣の増刷」しか無いのでは
 
                                      今後はハイパーインフレによって

                      「借金を棒引きしようとする方法」へと近い将来に進むだろう。


◆ 2010/4/10(Sat) おかしくないかい いつまで続く思いやり予算(年間約6,000億円)

1978年から、金丸信防衛庁長官(当時)が、日本人基地労働者の
福利厚生費の一部を「思いやり予算」名目で負担した事が出発。

1992年までフィリピンのクラーク空軍基地、スーピック海軍基地の分を
米国がフィリピン政府に使用料(援助金)を払っていた。

もう、そろそろ

基地の縮小、移転、地位協定の改定、
思いやり予算の削減などについて、
民主党は提言をして頂きたいと思う、今日この頃です。


◆ 2010/4/10(Sat)       お金の移動

自民党に不満、民主党に不安と思っている人が、
お金も信用出来ないと、考えてきている。

お金や国債よりも貴金属や株式の方を、
買い始め出した様である。


◆ 2010/4/1(Thu)        入社式にて・・・

周りの人が幸せにならない限り、
本当の意味で自分も幸せにはならない。

・大きな時代の変わり目にある。今は正に明治維新と同じ平成維新だ。

・後1〜2年で国の破綻が始まる。どう考えても国の借金が返せない。

・報道のやり方がおかしい。民主に対するネガティブキャンペーン。
小泉首相の時は、郵政民営化に反対する人に刺客を送った。

・今回の生方副幹事長に対する件は、一斉にキャンペーンを張っている。
報道は平等ではない。注意する事。



今後の民主党がやるべき事は…

@経済の回復

A日本の財政の再建

B昨年のマニュフェストの修正及び再提出

C今は1強100弱の時代。ユニクロやニトリの一人が勝ち組だ。

Dなぜ郵貯の上限を2千万に上げる。
この集まった金は、日本の国債と米国の国債に行き、日本は大赤字を被る。

※今後パニックが起こり、大インフレ。今デフレ等と言っている人はおかしい。
これから紙幣の増刷が始まる。

結論は我々社員がスクラムを組み、会社を強くし、
1強100弱の1強に入る事しか、皆さんの幸せと発展はない。



◆ 2010/4/1(Thu)

今年の入社式では、

ダウ平均18,000円もあるかも知れないと

幹部・社員に訓示をしました。



◆ 2010/2/1(Mon)

金の相場は今年の秋は5,000円と見ています。

年末には10,000円もあるかも。

ただし、その期間は半年間だと思う



◆ 2010/1/4(Mon)

私は新春顔合わせで

今年はダウ平均13,000円になると話した。



◆ 2009/12/24(Thu)       【我以外皆師】   

故(ふる)きを温(たず)ねて 新(あたら)しきを知(し)る

雪(国家の混乱と横暴)が解けたら

水になるのではなく、

春になるのを信じて夢を持ち、

ただひたすらに信念を持ち、

社員の幸せの為に愚直に進む

そしてそれは最低でも5年間は必要とするだろう



◆ 2009/12/22(Tue)       【方針の継続】    

子曰、歳寒、然後知松柏之後彫也。(子罕第九)

(子曰わく、歳寒くして、然る後に松柏の彫むに後るるを知るなり)

歳(とし)寒くして然(しか)る後(のち)に
  松柏(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るるを知(し)る


寒い冬に、他の植物はしおれても、

松や柏(ひのき)は緑を保っているのがわかる。

困難や苦難に出会って後、初めて人の真価が分かる。

何事も、どんな時であろうとも、

方針を打ち立ててそれを守り、

方針の継続が出来た人のみに幸福は来る。

報告であり、挨拶であり、掃除であり、

全ては中途で諦めない事、

やり抜くことで事です。

当社は愚直にやるのみ。

まさに
『継続は力なり』である。



◆ 2009/10/31(Sat)【今後の学習期(約6〜8年9の生き方】    

1.『礼儀、礼徳』が人生を変える


@礼儀が正しいと姿勢が変わる

あなたの人生を変える

人は礼儀をきちんとして


A運勢の悪い人は礼儀が悪い

人は必ず(誰かが)見ている

伸びるかどうかは、礼儀と礼徳である




※誰か→神様


B礼儀、礼節

経営も政治も人を幸せにすること
我社の仕事を通じて人が幸せになる事である

人に対する思いやり、仁徳


C鬼門通過期

来年(22年)より2〜3年間は、国が揺れ動く時期
世の中が揺れても、自分たちの心までは、揺れない心構えを持つ


D親子、社員、夫婦、友人、仲間と夢を語る

(1)自分の失敗を話す
(2)褒める
(3)認める


2.指導のやり方

言って聞かせて
やって見て
やらせて見てから
褒めてやらねば兵は動かじ


3.公平な心と行動


4.時代


@わんぱくでも良い、元気があれば良いは昔の話(靴を脱ぎっぱなし)

A今は引越屋さんが靴をそろえる時代


5.温故知新(GNPを行う)

@特に義理掛けはできる限り行う



◆ 2009/10/26(Mon)   【政権の方向性は】    

三つの基本方針

@「コンクリートへの投資」から「人への投資」

A「企業や業界団体への支出」から「生活市民への支出」

B「格差容認・弱者切り捨て」から「弱者保護・セーフティネット強化」

@コンクリートから人への考え方は
ただ人という事は、子供手当や学校が無料という事ではなく、
当社の立場で理解すると、
人の集まる所、人が通る道や建物(学校・団地・病院・市役所・集会場他)も含めて、
人という事と考え、発想を変えて行動する事だ。

今後はダムや箱物への投資は無くなる。

ほとんどの同業者は売上は半分に減り、ここ4年で業者は半減するだろう。

私達は地球温暖化率(1990年比) −25%減、
まさにこれはリサイクルの推進、リサイクル、
リニューアルに光が当たる時代の到来である。

当社の改良土は栃木県のエコの環の認定商品である。

今、環境問題に会社を上げて取り組む時代になった。

太陽光や太陽電池の時代が来た、建物を見直す時代、
そうすると外断熱が必要になりリフォームの時代になったのだ。

私達の会社は、安全と安心を提供する会社である。

今、時代の波は、まさに私達を笑顔で向かえてくれている様な気がする。

社員や仕入先の皆さんと力を合わせて、
お客様のお役に立つ仕事に邁進する所存である。



◆ 2009/9/24(Thu)         【先見学】   

ここ4年間の間で、民主党が大きく変わる

1.政策 内需中心になる


2.公約 1/2くらいが変更するだろう

2−1.官房機密費の公表
自分達が政権を取ったら、色々言いながら玉虫色にし、
公表を渋っていくだろう


3.消費税

本来は、来年の参議院選が終わったら、
アップする予定だったが、消費税アップは無く、
赤字国債に変わるだろう


4.土地

民主党の政策は、土地を上げる政策に持っていくだろう

4−1.中小企業の銀行の借入が楽になる

4−2.担保能力の余力向上

4−3.建物を建てる(補助金等制度の変更)


5.ものの動き

株を上げる政策に切り変えるだろう

5−1.世界の動きは
現物投資に変わってきた、金や食物


6.経済

6−1.年末年始は倒産ラッシュになる

6−2.※年度末一杯は大変な時代になる

7.物価

ものは上がる時代に入る、1年後から



◆ 2007/4/21(sat)     「守ること」の意識とは・・・    

「ん〜?本当にわかっているのかなぁ?」


最近40歳位の経営者や会社幹部に
初めて会った時や研修の時に・・・

「あなたは25年後や30年後に守るべきものはなんですか?」と
聞くと
(本人達が65〜70歳以上になっている時の事だが)

まだ子供や孫など・・・と言う人が大部分だ!


わかっていないし・・・。考えたこともない・・・。

もしかしたら考えたくないのかもしれない!


私は言う「守るのはただ1つ!あなたの奥さんなんだよ!」

あなたの子供はもう45〜50歳。
孫は20歳以上になっている。

もうあなたの言うことなど聞かないで、
そばにもいないのかもしれない。

そしてあなたと同じように・・・
親の面倒など見ていないのではないか?

間違いなく!さっさと独立をしている!

(独立していて欲しいはず!)


 
本当にその時にあなたは、愛する奥さんを守れるのか?


国家に預けた年金が本当に支給されるのか・・・
またそれで間に合うのか?(生活出来るのか?)

その為に今何をしなければならないのか?


私がそれを話すと・・・

後輩の社長や会社幹部は驚いた顔をする!

(正直こちらが驚きますよ)


自らが自分の仕事を成し遂げ、

自らの会社を発展させ


自らの生活基盤を国家に頼らないで

確立することなのではないのか!
 
そんな話をする今日この頃である!


「ん〜?本当にわかっているのかなぁ?」



◆ 2007/3/24(sat)     還暦を迎えて・・・    

 もう・・・そろそろ本音を言ってもいいのではないか?

不思議な事に・・・私はいつも言うことがキツイと思われている。

私と会った事がない(面識がない)人の中には
私を大男のイメージや怖いイメージを持っている人がいる。

本当は純情でかわいいオジさんなのに・・・(笑)


私は20年前から・・・


60歳になったらある程度、
思いのままに発言をしてもいいではないか!と思っていた。

また発言出来るように、生きてきたつもりだ。


だからこれから時々・・・
この日誌に言いたいことを書くつもりだ!


還暦の自覚を静かに受け止めながら・・・

1年の沈黙を破って!!



◆ 2006/3/24(fri)     大本営発表に騙されていないのかな?    

   「日銀の量的緩和の解除」付いての日経のアンケートです。

1.量的緩和政策について理解している 49.9%


2.熟知しており解除の時期をウォッチしていた 23.8%

・・・という統計です
すごいですね!!


今回の件は国民の73%以上の人がこれを理解している。

私はこれは良く分かりませんし、どうなるのかわかりません。

試しに15人ほどの人に聞いて見ましたが・・・

簡単な私の質問に満足に答えられた人はいませんでした。


私は・・・今の時代は60年前とよく似ていますと言っています。

終戦前の特攻隊が又国民がみんな支援し応援した
(今回、石原慎太郎さんが(仮題)「俺はお前のために死にに行く」)
を書いて映画化がされる予定ですが、
特攻隊が行けば日本国は勝利すると信じて
知覧や鹿屋から飛んでいった特攻と
それを報道した「大本営発表」を信じた国民!

今まさに!!

「現状認識が大きく違い、いずれ間違っていること」が

分かった時にパニック状態や

暴動や恨みに繋がらない事を祈ります。

特に注目をしておきます。



◆ 2006/3/20(mon)     日々徒然に想うこと・・・    

1.ひとりごと(時間)
 
   *女性は時間を気にする(現実的)
 
   *男性は気を意識する(ロマン、精神)

   *奥さんは現実面で(うちの主人が)

   *男性の夢を拍手する

*男性の多い会社は、減給でも将来が見えると

*女性の多い会社は、現実を重視する

・・・ でもこのところ ・・・

男女が逆転している(たくましい女性、やさしい男性)

そんな世の中ですね。


 
 2.WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を観戦して
   
   まず・・・クールなイチロー選手の発言にしびれました。
日本を代表して行っているという感じが
ひしひしと伝わりました。


勢いがつくとは、背水の陣を張った時なのだ。

紙一枚で首がつながり
2度負けた韓国に3度は負けられないという意識が
イチロー選手より、ひしひしと伝わりました。

他の人もそうであったと思います。


だから、ほんの少しのきっかけで大きく燃えたんだと思います。
私は今回のWBCを観て
改めて勢いづく事の恐さと大切さを知りました。


ありがとう日本選手団の皆さん

心から感動致しました。



◆ 2006/1/1(sun)     丙の戌年は・・・    

大まかに来年以後を考えてみました!


1.2006年の夏ごろまでは株式が上昇する。

2.2007年度内(2008年1月に消費税が上がる90%以上)

3.税率は10%(自民党圧勝の為)

4.2007年度は消費税の駆け込み需要が出る。

5..2008年から特別なウルトラCを打たない限り、
以後3年間が大不況になる可能性大98%
かな


今後3年間が天下分け目の戦いになる!
自分が主人公、自分がメッセージを出すこと!

そのためには・・・

@ チャレンジ精神を持つこと(自分の命までも投げ出す)

A 学び(知恵とは恵まれたものを知ること)

B ネガティブな言葉を話さない。


それが勝ち組に入れるキーワードかな。

今年も人生の目標に向かって前進しましょう。


◆ 2005/12/31(sat)     2005年を振り返って・・・    

2005年はまさに小泉首相の一人舞台だった!
(年末の九州場所の表彰式を除いて(二匹目のどじょうはいなかった)
陰の動乱の時代は自分の身を削ってもやる
(暗い中でもろうそくに火をつける)
小泉さんは殺されてもやる!を掲げた→リーダーとしてすごいと思った。

・・・勝因は「3S」だった・・・

1S(シンプル)

選挙目的を明確にした(郵政民営化)


1S(システム)

1年前から準備をしていた
(民営化できなければ解散するといっていた)
   戦略と戦術と監督が出来上がっていた(小泉劇場)


1S(スピード)

否決(即解散)解散を反対した閣僚を別室に呼び寄せ説得

辞表を出した閣僚は認めず罷免した。


ただ小泉さんも誤算はあった
(衆議院が5票差で可決したことかな)

この結果を考えると日本の政治は大きく変わる。


今後の進み方は・・・
1.商売に徹する(勝ち組に入る)
2.仕事に関しては自分の意思を明確にする
3.目的は単純にして分かりやすく
をやりぬくことかな。


◆ 2005/9/19(mon)     その後の展開・・・    



民主党大きく変われば若手かな?
と9月12日のこの日誌に書きましたが

前原氏に決まりました!

96票対94票わずか2票差で
これはすごいことですぞ!

いよいよ2代政党の始まりか?

苦労人の前原さん恩師から学者になるのは
「頭が悪いから」と言われたそうですが・・・

政治は庶民の心を感じる事や大胆な発想が大切。
ぜひ改革の第一歩は天下りの禁止を!そして年金ですよ。

時期、参議院選が楽しみです(2年半後)



◆ 2005/9/12(thu)     今後の展開・・・    


今後の展開を想像してみると・・・

1.造反組みは帰れない?
(将来は大地みたいに地方新党か?)
優秀な県知事を中心にした組織も
(長野の田中さんのことではなく)
ただ今回は田中さんが一番まともなことを
分かりやすく話されていた気がしますが・・・

2.民主党は小沢一郎さんが党首に?
(乱世に強い)と故田中首相に言わせたひと。
大きく変わることが出来れば若手も・・・

3.世の中が二極化する、勝ち組負け組みに分かれる?
(トヨタとGM、クライスラー、ロールスロイス)
(自民党執行部と造反組み)キャノンと?

*すべての業界に起こる



◆ 2005/3/31(thu)     日本の政治家は知っているよね    


1.アメリカ合衆国の海軍司令部が横須賀にあることを!
アメリカ全軍を指揮し全土を守る司令部

2.今までアメリカの空軍司令部はグアムに有り
これを今度、
横田に移転することを!

3.アメリカ本土のワシントンに有る陸軍司令部を
キヤンプ座間
に移転することをアメリカが決定したことを!

・・・衆議院や参議院の皆さん・・・
アメリカの三軍の司令部が日本に来る意味を?
人間で言えば頭脳ですよ

戦争で敵が第1番に攻撃をかけるのが軍司令部なのですよ。
つまりそれが、日本に集中している訳なのです

アメリカの敵は今やロシアではない「中国」です。
今、盛んに評論家は中国の万博前後で暴動が起こり
中国がダメになると盛んに言ってます。

今、中国と台湾は盛んに憲法やらデモやらをやってますが、
国内が大混乱になると押さえる手段は戦争です。
そのとき台湾を守るアメリカノ軍司令部は日本に全部有るんです。

80基以上台湾に向かって備えてある核弾頭が付いたミサイルは
どこに向かうのでしょうかね?

世襲で議員をやっている二世やら三世の政治家さん教えて下さいね!

小泉首相も二世議員ですよね。

他の議員さんもまさか知らないなんて事はないですよね。

この私の独り言が危惧だけで終わりますように!



◆ 2005/3/30(wed)     正月の日誌に書きましたが・・・    

「中国が今まで以上に強い圧力を日本にかけてきそうです。

エネルギー資源の開発問題も含め、

日本と中国の国境の緊張状態が高まります。」

と書きましたが・・・

本音は軍事かな?

石油に名を借りて

実は軍事目的で、日本周辺の海底調査をやっているんだなと。

対潜水艦攻撃の準備かな。

日本の政治家でこんな事を解っているのは何人いるのかな?

・・・悲しいねこの国は・・・



◆ 2005/3/29(tue)     今 考えてみると・・・    

アメリカがイラクを攻めたのは、

フセインが石油の決済をドルからユーロに切り替えた為なのかな?

北朝鮮もユーロに切り替えたからな!

アメリカは今、双子の赤字だが、

主軸通貨がドルで有る間はつぶれない

印刷をすればいいのだからね!


◆ 2005/3/28(mon)     近頃 思うこと・・・    

ライブドアの堀江さんはお祭り男。
ホリエモン良い名だ、お祭り男にふさわしい。


昔「信長がこね・秀吉つき・食う家康

比叡山の焼き討ちをした信長はライブドアの堀江さん。
旨いこと上司を活用し、羽柴の名前を貰った秀吉は楽天の三木谷さん。
ジーと見て動かず関ヶ原を秀吉の部下同士で戦わせて
漁夫の利を取った家康は、ソフトバンクの孫さん。


という言葉が思いだされる。


野球にしろ、競馬にしろ、テレビにしろ。

何か中国の動きが気になるのは私の考えすぎですか?


 
◆ 2004/12/31(fri)     変化の動乱期が最大のチヤンスである    


2004年の最大の特徴は・・・

地震や台風等の天変地異が異常なほど起きた事と、

戦後で、その分野を牛耳つていた独裁者と言われる人達の失脚であろう。
西武や巨人のオーナーを始め野球界のドンと呼ばれる人達や

そして戦後の小売業のリダーシップを取っていたダイエーの崩壊で有る。

 私は今の時代は・・・

1.織田信長の時代の種子島に鉄砲が入った時期
2.徳川政権が崩壊した「明治維新」
3.日本の軍国主義の崩壊の敗戦
4.インターネットによる価値観の変化の現在
と非常ににていると常日頃から話している。

こういう時代は 名も無き若者の台頭が起きる!
そして非常に国家が混乱する。

今も日本国が始まって以来の借金財政に成ってしまっている。
おそらくハイパーインフレにしないと借金の返済は無理であろう!
いや利払いすらで有る!!

・・・でも考え方である・・・

長年築き上げて来た秩序は壊れるときにチヤンスが必ず潜んでいる

私たちは今それに挑戦をしようとしているのだ。


◆ 2004/12/30(thu)     私の師匠の言葉        


人生の勝者になる為に

1.健康が最大の武器(バイオリズムを)大切に

2.愛を持てない人間はダメだ(優しさ)


3.お金を儲ける、きれいに儲けてきれいに使う

4.腰だけは低くする、なおかつ威張らない

5.時間を守る(人間と動物の違い)


私の意見

遅れることは負からのスタートと考えています。

◆ 2004/3/3(wed)   今年がチヤンス、またとない機会だ!        


バランス→トップに取っては大切
自然の法則(バランス感覚)
バランスが無いと崩れる。
世の中は
「 平 時 」
「 乱 世 」
*平時においては乱を想い!
*乱においては平常心で対処しろ!
本当のリーダーは乱世の時に力を発揮する。
乱世に平常心を持てる人は勝ち残る!

だから今がチヤンス!

我々にとっては、またとない時代なのだ。


◆ 2003/12/31(wed)   2004年は終戦の1年前である(甲申・きのえ、さる)。 

「2004年平成(16年)は政府や官僚の一方的な社会主義方式の
崩壊の前兆が現れ国債等の暴落に続くと思われる。
昭和19年の日本国政府は各地で米英に負けているのに、
大本営発表により勝利と伝え国民を欺いていた。
そしてそれが東京大空襲により暴露し始め
翌年に敗戦を迎えたのだ有る(それとよく似ている)

昭和19年(60年前)は戦争による敗戦
平成16年(2004年)は金融面での敗北

見えてくるもの

1.官僚や族議員のやり放題(力が増す)

2.途方債の暴落(地方の切り捨てが始まる)

3.日銀による(紙幣の増刷)→財務省の引き受け
※初期インフレ(わかりづらいが)の始まり

◆ 2003/12/30(tue)   昨年は癸未(みずのとひつじ)                

2003年は・・・
「土の上に水が置かれた状態、下にある土が下克上のごとく、
上にある水を剋しその結果、世の中が泥水のように
どろどろした状態になると書きましたが

1.中曽根、宮沢両元首相が後輩の小泉さんに切り取られた

2.道路公団の問題も首相が諮問委員会を作り検討したが結局族議員や
官僚に良いように、やられてしまった。そして委員は辞任を、
ただ「諮問しただけ」ではあまりにもむなしくはないか?
同じ様なことは栃木県でも起きたが。。。

3.イラク問題はベトナム化し、「アメリカや日本が主張する
「テロとの戦いではなく」宗教を絡めてた人民の反米
反占領国の戦いになるであろう。

ここに自衛隊の派遣が。。。それで良いんだろうか?

ただアメリカが、今引き上げたらイラクはテロの発生基地になるが
早くイラク人による政府を作るべきである!
(ただし世界第2位の)油田の利権を米国が離さないだろうが

又日本では
今の日本は官僚制社会主義国だと思う。
厚生年金、社会保険は上げ放題、全く国民の意見すら聞かず
借金(国際や地方債)は無制限にしている。
誰がどうやって返すのだ!

第三セクターや簡保の宿などは売却やは倒産をしたが
誰れかが責任をとったと言う話は一度も聞いたことがない!
来年からの10年は国債や地方債の暴落や
地方都市の倒産が出て来るであろう。
まさに、一つの時代の終焉と新時代の始まりである。

◆ 2003/8/1(fri)   なにを勘違いをされているのかな                


「株価上昇は改革の成果である」
政府内で言っているが、それを野党が反論しない、
国会議員は、なにを勉強しているのだ。
今回の株価上昇は改革がうまくいったからではない。
むしろ
国や政治家が信用されていないから、
又本格的に信頼されなくなりつつあるからだ。
お金が国債などから逃げ出し、
株式や現物{金)等などにシフトしだしたからなのだ。
つまり国債よりも民間の株式に逃げ出したのだ
平成の会社再生法や今回の銀行の資本注入」などは、
何か江戸時代の徳政令ににている
大名を銀行に変えただけの気がするのだ
今、国債の価格から目を離すな、暴落を見逃すな

◆ 2003/7/31(thu)   二大政党時代に期待をする                


今回、民主党と自由党が合流したが、小沢さんの決断にエールを送る一人である!
名を捨てて、実を取った小沢さん
本当に日本の将来を心配していると思われる政治家はそんなに居ない。
剛腕と言われている、小沢さんだが、お会いをしてみると本当に優しい
かっての総理大臣の田中角栄さんが言われたことがある。
平時の橋本、動乱の小沢、大動乱に梶山
残念だが、今は梶山さんはこの世に居ない。
梶山さんが健全なら、デフレはこんなに続くかなかったであろう。
デフレの兆候が出たとき、彼は今なら7兆円入れれば退治できると断言した、
だが他の政治家はそれが理解できなかった。
それ以後、湯水の様にいくら、何十倍の金を注ぎ込んだか?
それでも退治できないのだ。
小沢さんを好きなどと、言う人はほとんど居ないだろう。
私は彼の手腕に期待しているのだ
小沢さんの書いた本を読んで欲しい!
そして将来(今の事を書いている)2大政党にして、
下手をやったら、いい加減な事をやったら
政権政党が変わる、政治家は社会から追放される。
そんな時代を一刻も早く、待ち望む一人である
日本が借金国から一日も早く脱却し、子孫に借金を残さない国になることを。

◆ 2003/6/11(tue)   私がいつもおかしいと思うこと             


昨年の10月25の日の日誌に書きましたが
拉致は国家の問題ですよ!
拉致された地域から総理大臣も出ているのに。。。

1.どんな努力をしているの、教えてほしい。     
2.何で責任問題を問わないの、失われた25年は?
3.アメリカなら第七艦隊が動きますよ、他書きました

私は不審船の調査を完全に終わっていないのに、なぜ行くのか?
麻薬や偽札は有ったの?なかったの?
そんな矛盾だらけな事を行いながら。。。

それが今になって!
万景峰号が再び日本に来るのを、今度は寄ってたかって止める。
拉致された方が帰国されてから、万景峰号は何回来てるのだ!
じゃ!日本に北朝鮮の船は万景峰号しか来てないのか?
と思って調べたら、新潟港や舞鶴港に
年間1800隻も入港している、その船にはなにもしないで。。
日本の政治家は何で動かないのだ!
先頭に立ってやらないのだ!

一貫性がないのだ


万景峰号を止めて、国を挙げて圧力をかけるなら
他の入港する船にもそれなりの対策は打つべきだろう!
又、北朝鮮に今回の事で帰れなかったりした人や、
我々国民に説明をするべきではないのか?

この大不況の最中、又デフレの中
今私達に欲しいのは、
将来はどうなる、
どうすれば安心した生活が出来る、
大きな国の目標と信頼を打ち出せるリーダーなのだ
私たちは将来の不安を払拭してくれる
政治家の出現を待ち望んでやまない、今日この頃である!

◆ 2003/4/1(tue)   ひとつの考え方            


全くの個人的な 1つの物事の考え方ですが。。。。

フランスがなぜイラク擁護にまわるのか。

その主な理由のひとつは・・・・
フランスがイラクに対する最大の輸出国だからである。
イラクの輸入年間116億ドルの22.5%→26億ドルが
フランスからの輸入である。
次いでオーストラリア22%・中国5.8%・ロシア5.8%の順である。
対イラクの貿易の利権順位がイラクの擁護チームになっている。

オーストラリア参戦の意味。
この点で、今回対イラク輸出第2位のオーストラリアが
英米連合軍に回ったことは印象深い。
その背景には、オーストラリアが英連邦の一員であることも
大きな要因なのだが、それよりも昨年10月バリ島で
イスラム過激派が起したディスコの爆弾テロで
多数のオーストラリア市民がテロの犠牲者と
なったことが大きな要因であるように思える。
イスラム過激派の活動に対して毅然たる態度を
取るという意思表示であるかと考える。

◆ 2003/2/1(sat)   明確な旗を立て、我この道を行く。            


混乱した乱世には、リダーが旗を立てて、指揮をしなければならない。
明確に方向を指し示す事だ!
あの会社はどう?あの役所は?○○は?
などは。。今の世の中には関係ない。
わが社を守るのは自分の発想と、心と、健康、である!
滅亡 ・ 倒産は(内側にすべてがある)
今の君の発想に
@工夫があるか?(無から何かを作り出しているか)
A忙しいと思っているだけいるだけ(無為に過ごす時間は?。)
今健在する、現存するものの中で無駄にしてたものを活用すること。
自分の心がしっかりしてくれば、ささやかな現実の中から「教訓が多く得られる」
我この道を行く

◆ 2002/12/28(sat)   平成15年は動乱期の7合目            


動乱期とはその国の憲法が変わって1〜10年目
または51〜60年目の50年事を言う。
平成15年は動乱期の7合目、過去の動乱期になにが起こったか。。
明治27年日清戦争、昭和16年大東亜戦争、昭和24年朝鮮動乱
来年は7合目
「イラク問題がある、2月1日が90%とみますが、どうか?」
そんな世の中の来年におこるものを考えてみた
@宗教などに入る人が増える。
A音楽などは明るい歌が流行る(昔の歌のリメイク)
新らたなアイデヤより」よりも昔の復古調や懐古調がはやる
ハリーポッターやロードオブザリングなどはその昔の再現か?
平成15年は過去に目が向き、過去の清算に入る」
B大手銀行が立ちゆかなくなる(もちろん地銀も)
C銀行の貸し渋りや貸しはがし、が多くなり倒産が起こり、大混乱になる。
D株や土地は一部を除いて落ち込む。
E3月決算は大幅な赤字が出る。
そんなことを考えています。。。

。。。当たらないことを祈ります。。。

◆ 2002/12/5(wed)   日本の財政は・・・            


現在の日本の予算は83兆円、税収は46兆円を切るといわれています。
年初に予算を立てても税収不足になり、借金が増え続けています。
国家の借金は約700兆円、地方の借金はその半分の350兆円。
つまりこの数字を個人の家計に直すと、
収入が460万円の家族が年間830万円も使い、
一年で370万円の借金をしている。そして借金は毎年増えている。
尚、この家庭は実に1億500万円の借金があるのである!
こんな人に誰が金を貸すの?
親父の金(郵便保険、国民年金)から金を借りている
なぜなら誰も貸してくれない(国債を買う外国の人はいない)
とっくに「自己破産」している状態なのだ!
国民の金が1400兆円あると竹中さんや塩爺が言っているが
もう350兆円しか残ってないかも?
あなたは資産を国債や保険や銀行預金で持っていませんか?
日本の国債が・・・
アルゼンチン債やブラジル債と同じにならないと言い切れるのかな?
企業の不良資産が→銀行の不良資産へ→中央銀行(日銀)の不良資産に
変更していないかい?
29日より始まった銀行の株の買取・国債の引き受け
後10年は持たないぞ!
あ、それから株を買うなら日銀買い入れ銘柄を
買うと良いよ!
そしてあがったらすぐ売却だよ

◆ 2002/10/25(sat)  素朴な疑問! 「なんでなの?可笑しくないかい?」           


国会会議員の先生が何人いるのか、このところ良く分かりません。
自民党と自由党が賛成して50人削減をするとか、
言ってたが、いつの間にか・・・
-20人になってしまったり、今は480+247=727人なのかな?
まーともかく、700人以上のプロの政治家と言われる人が
莫大な費用を国から(税金から)だしているわけだけど
今が最も混乱した困難な時代に
特に外交と経済がもっとも重要な時代なのに
なんで700人以上いる、自称プロの政治家がやらないで、

民間に下請けに出すのだ!

可笑しいとは思わないかい?
川口さんは選挙で選ばれた人ではなく。竹中さんもそうだ。
この困難な時代にプロの政治化がやらないでいつやるの?
プロの政治家は楽なとき、簡単なとき、安全なときに、やる人なの?
逃げているの?(指名した小泉首相を継続させる)
民間の下請けがそんなに良いなら、
平時の時でもやらせれば良いじゃないか(選挙費用もかからないので)
今、我々は、なんだか!
疑問に思った事や、怒る事や、訴える事を、忘れてしまったみたいだね。
北朝鮮に拉致された人が、帰って来られた時の報道を見ていると、
「たまちゃん」の報道とダブって見えたのは・・・私だけでしょうか?
何で責任問題や、
失われた25年などのことを問題にしないで

「あー手を振っています」「元気です」など、中にはもう帰って来たのですから、
「もう拉致ということはやめましょう」なんて言っている
テレビの関係者もいましたが・・・
拉致は国家の問題ですよ!
アメリカなら空母や大○○艦隊が動きますよ、戦闘機が飛びますよ。
何を日本の政治家は考えているのか?
1987年にレバノンの女性が北朝鮮の
工作員にさらわれた事件がありましたが、
内二人はユーゴススラビヤに行ったとき
隙を見てクエートの大使館に逃げ込んで難を逃れ、
レバノン政府は、すぐにそして徹底的にあらゆる手段を使い
残る2人の解放を迫った。その結果として、
2人は誘拐されてから1年4ヵ月後に
レバノンに帰ってくることが出来たのだ。
国家は国民を守る義務があると思う。
申し訳ないが、私はレバノン国を正式に地図の上に書けません。
拉致された地域から総理大臣も出ているのです。
何をどんな努力をしたのか教えてほしいです。
これで良いのか「日本国家は国民を守らないのか?」
もう一度、沖縄や北方領土や抑留した人を思い出させるのか!
今こそ、きちんとしなくてはと思います。


◆ 2002/8/13(tue)  9.500円を割り込んだら             


株式のことを盛んに聞いてくる人がいますので、私は稲穂の反対と答えています。
私はプロではないので、株をやるなら当分(2年から3年は)
使わない金で5.6点買いから10点ぐらいを行い、
売却はいくらになったらでは無く、いつの時期と決めています。
原則は稲の反対、秋に仕込み冬を寝かせて春に売る。
夏は休み!
ただ今回はダウ平均が9、500円になったら買いかな?
ハイテクよりローテク、オールドエコノミー株(資源株)がねらい目かな?
株まずは8月は様子を見ながら9月に仕込みゆっくり時を待つ、
ひとつのピークは2003年10月、そして2005年にインフレのひとつのピークになるかも?
長引けば2015年までトラブルはあるかも。

◆ 2002/6/18(tue)  W杯ワールドカップの裏で             


本日3:30より日本対トルコと戦うわけだが、
15日の新聞に「日本不敗競合に名乗り」まさに良くやったっと言えよう!
だがその裏では増税一色にされようととなっている、
まさに国民に痛みを押し付けるやり方である。
また健保改正法案が単独採決され
サラリーマンの健保負担が2割→3割りに引き上げられた!
抜本的な改革は何もされずにである!!
民の立場だった小泉さん、政策は官僚、財務省の思うまま、
「官は本来民の意思を達成させるための潤滑油を目指すべきでないのか」
まだまだこの次は軍事や報道に関する規制が多く出てくる、
まるで太平洋戦争突入時の昭和15〜17年ごろのを彷彿とさせるのはなぜだろうか
いやな世の中になったなぁ〜!

◆ 2002/6/5(wed) 自国の理論「コップの中の水の理論で話していないか」
             ムーデイーズの国債の2段階下げ NO2


あくまでも私の考えだが・・・財務省などがムーデーズの格付けがおかしいと言っていると
新聞は書くが、本当に外部から見ておかしかったら、
G7の外相や、ブッシュ大統領やシラクさんなどが、
または外国の評論家が騒ぎ、
今回の格付けは日本を評価していないといわないだろうか?
円が異常にに高くなっても、安くなっても、
今の「円安、円高」はおかしいと外国の財務省はいつも言っているのに、
そして日本の評論家はその新聞の切抜きを見て、
外国ではこう言っているとテレビで大声を張り上げるはずだ!
日本の国のことを日本だけが間違いと言っている。
他の国はそれを認めているとしたら・・・
いくら国民が金を持っている貯蓄残高1200兆円としても、
国家予算80兆円で税収50兆円、借り入れ30兆円で運営すれば、
今国の借り入れが800兆円あるとしたら、10年後は1100兆円
これは・・・
大変なことになる!
私は政治家ではないので単純に考えたい。
このまま行ったら、後日本は何年持つのだと・・・
自分たちカンパーニイファミリーはなんとしても守りたい。

◆ 2002/6/3(mon) 奢る平家にならないか?
               ムーディーズが国債2段階格下げ!


日本政府は・・・
@国債の返済不能はあり得ないとか
A格下げ材料が売りにならないのは各付けに違和感があるからだ!
などとムーディーズを攻撃しているが
日本国の基本方針とその運営が問題であり、信頼されていないのだ。
1番目→日本国の財政赤字の歯止めをかける政策を出すこと。
2番目→国債の大半を国内で消化出来る点が違う、
「海外に買ってもらっていない」この事は国家が破綻したら国民も一緒に破滅をする。
※確かに日本が援助している国より低いことは納得しない→むしろ援助のやり方を改善すべし!
3番目→政治家の日本国の経済運営能力が国民や市場に信頼されていないことだの
※民間貯蓄が多くあってもその大部分は60歳以上の人が持っているのだ。
→その方々に老後の安心感がないために消費をしないのだ。
4番目→不良債権の早期処理・経済の長期不況からの
脱出のやり方を市場や国民に納得する説明
※景気の底入れなどと騒いでいるが、
そんなことで安心をしていると→ゆで蛙にならないのか
→思い切って釜から飛び出さないと
足利幕府は15代
徳川幕府は15代
自民党単独政権は15代
まさか「江戸幕府」がああもろく崩壊するとは誰が考えただろうか?
その中にいて→「日本国内」と置き換えて、
ローマの国民は国が滅ぶことを考えただろうか→まさか・・まさかではなかったのか?
恐ろしい時代が後10年もしないで、来そうな気がしてならない。
私はせめて社員(その家族)と自分の家族ぐらいは守りたいものだ!

◆ 2002/5/23(thu) 金利と銀行について考える!

ペイオフに関連して、大部分の人が定期預金を普通預金に
回したのを良い事に銀行は金利を0.001%に下げた。
これは100万円貯金して10円の利息(税金を支払えば8円)
もし3%で貸付をすると100円で30万円!
つまり。。。。荒利3000倍である!

こんな商売が、この世の中であるのだろうか?
100円の商品を30万円で売っているのである。
それでも銀行は、不良債権処理で大赤字!
私達も今度は「預金通帳」と言わず
貸付通帳」にして、
本店を担保に。。。支店長に保証人になってもらう!
そんなことを考えたら、また楽しいのではないか?!
そうでもしないと。。。
アホらしくてやっていられない!そんな今日この頃である!

◆ 2002/4/5(fri) 株高の円安になる!

@夏に向けて株式は上がる、13,000円台に、年末にはまだ上昇します、
A通常株が上がれば円は上がります。これが常識です、
だが私の考えはまったく逆です
私は1ドル140円から150円になると思っています。
本当は相場はそんな短期には予想はしませんが
少なくとも1年から2年で予想をします。
2003年に150円以上に
2004年に160円から200円になる可能性が非常に強い
なぜか?日本が非常に弱まってきているということです。
ムーデーズの各付けはAa3(AA)
日本はポルトガルよりも低く、イタリヤ、台湾,香港と同じと世界は見ています。
日本から世界を見ている、私たちには実感が沸きませんが。
今の日本の問題点は失業率の上昇傾向と高さです、又日本の企業の空洞化です。
今後大きな問題になります。
そんな日本の所得を世界所得と比較してみると
給与水準が日本は5万ドル、アメリカは3万ドルです、これは調整されると思いますが
日本人の給与を下げることは難しいので、為替で調整されると思います。
これが円が下がる根拠です「予想外の円安になる可能性があります」
今後は今までの実績に甘えるのではなく、これから来る新時代に
私たちの目標「役割をしっかりと定め、
世の中の堕落「政治,役人、経済,子育て等」と決別し、
これから来る史上最大の経済の混乱に打ち勝って行こうではありませんか!
私は真の仲間と共に,全精魂を傾け、明日の日本に挑戦します。

◆ 2002/3/8(sat) 3月危機は去ったのか?

下げとまるか日本経済!
株価は、昨日12,000台を回復したが
これで本当に三月危機はないのか?
今回の株高は空売り規制強化をきっかけに
外国人投資家の買い注文によるものである
これにより大手銀行や保険会社の含み益損益は、
ゼロになり一息ついたところと思う。
ただこれで底は打たれたように思うが、
まだまだ金融機関の不良債権問題や
第三セクタアーの不良資産問題が出てくるであろう!
売れていない工業団地や何とかの湯、見たいな保養所は
ほとんど真っ赤かではないかないか、これのいっせいに破綻はないのか。
非常に気がかりである。
又、日本国債の格下げである、昨年12月にAa3に下がったばかりである。
Aa1のベルギーやカナダより下はもちろん、Aa2ポルトガルより下であり、
Aa3は日本、香港、台湾、イタリヤと同じ各付けであり、
又、後2段は下がるなどいわれている昨今である。
本当に真の政治家に登場してもらいたいものである、そしてデフレ対策を望みたいものである。
ただ我々経営者は駄ただ手をこまねいているわけにも行かず、
確実に手を打ちたいものである。
まず一番はペイオフ対策である!今までの考え方を捨て
銀行の各付けに注意をしながら、進めたいものである。
又商いに対しては確実に経常利益を出すことに心がけて行くべきだろう。
もちろん!
不良在庫や売掛金や手形も注意すべきは当たり前ではあるが・・・・

◆ 2002/2/4(mon) 今の時代に生まれて良かった!

私は今の時代は織田信長の種子島に鉄砲が伝わった時代と,明治時代と終戦の時が
非常に似ていると話してきた。今世間では不況と言われて悩んでいる人が多いが、
見方を変えると、時代の変わり目ほど面白いものはない。
もし私が徳川三代将軍の時に百姓で生まれてきたら、私の12代孫の代まで百姓だ!
絶対に大名になれないだから今がチャンスなのだ。
※今までなら巨大市場は談合でガチガチに固められ、我々はそばにも寄れず、
 いつまでたっても下請けは下請け、そんな秩序の中で生きてきた。
その世界が壊れる、かたくなな世界が轟音と共に崩壊する。
そして新しい新規市場、ニュービジネスが展開されようとしているのだ。
それがまさに目の前にぶら下がっている!
5年や十年などの生易しい変化などではなく、100年単位の、今私たちが生きている人が、
もう死ぬまでに一度,経験できるかどうかの大変な時代に生まれたのだと・・・
この大激変を前にしてワクワク、ドキドキ、胸踊らない、
 私の仲間の経営者はどうかしているのではないかと思う。

もしそんな仲間の経営者がいるのなら私は薦める「あなたはすぐ経営者を辞めなさい」
私の意見に賛成ならば「死に物狂いでこの数年を生き残ろうではないか」
ただ我慢する、耐える、ではなく将来に夢を持ち、目標を掲げ、計画を立て実績を積みながら
この激動を楽しみながら,確実にやがてくる将来を見据えて・・・