。。。以前の「格言」はこちらの  ボタンからご移動下さいませ。。。

◆ 2007/4/24(tue)     「正常な物事の考え方」    

今!日本国民の大部分が

「憲法が変わる事は
なんとなく意識はしている・・・」

でも関心がない!

本当にそれでいいのだろうか?


憲法が変わることは国家が変わることなのだ。

もし、兵役の義務が出来たら

今の若い人は全員が
軍隊に行かなければならない。


本当に!真剣に考えているのだろうか?

調べたわけではないので間違いがあるかもしれないが・・・

隣の中国や韓国や北朝鮮やロシア等は兵役の義務があると思う。

兵役の義務がないのは、ざっくり言えば「日本」だけなのだ。


今間違って、北朝鮮からミサイルが飛んできたら

すぐにでも、憲法が改正され

兵役が義務付けられるかもしれないのだよ!

なのに国民の大部分が・・・

国民投票が衆議院を通過した今も感心を持たず

のほほんとしていていいのだろうか?


そんなことを考えると・・・
将来がすごく不安に思うのは私だけなのだろうか?



◆ 2007/4/21(sat)     「守ること」の意識とは・・・    

「ん〜?本当にわかっているのかなぁ?」


最近40歳位の経営者や会社幹部に
初めて会った時や研修の時に・・・

「あなたは25年後や30年後に守るべきものはなんですか?」と
聞くと
(本人達が65〜70歳以上になっている時の事だが)

まだ子供や孫など・・・と言う人が大部分だ!


わかっていないし・・・。考えたこともない・・・。

もしかしたら考えたくないのかもしれない!


私は言う「守るのはただ1つ!あなたの奥さんなんだよ!」

あなたの子供はもう45〜50歳。
孫は20歳以上になっている。

もうあなたの言うことなど聞かないで、
そばにもいないのかもしれない。

そしてあなたと同じように・・・
親の面倒など見ていないのではないか?

間違いなく!さっさと独立をしている!

(独立していて欲しいはず!)


 
本当にその時にあなたは、愛する奥さんを守れるのか?


国家に預けた年金が本当に支給されるのか・・・
またそれで間に合うのか?(生活出来るのか?)

その為に今何をしなければならないのか?


私がそれを話すと・・・

後輩の社長や会社幹部は驚いた顔をする!

(正直こちらが驚きますよ)


自らが自分の仕事を成し遂げ、

自らの会社を発展させ


自らの生活基盤を国家に頼らないで

確立することなのではないのか!
 
そんな話をする今日この頃である!


「ん〜?本当にわかっているのかなぁ?」



◆ 2007/3/24(sat)     還暦を迎えて・・・    

 もう・・・そろそろ本音を言ってもいいのではないか?

不思議な事に・・・私はいつも言うことがキツイと思われている。

私と会った事がない(面識がない)人の中には
私を大男のイメージや怖いイメージを持っている人がいる。

本当は純情でかわいいオジさんなのに・・・(笑)


私は20年前から・・・


60歳になったらある程度、
思いのままに発言をしてもいいではないか!と思っていた。

また発言出来るように、生きてきたつもりだ。


だからこれから時々・・・
この日誌に言いたいことを書くつもりだ!


還暦の自覚を静かに受け止めながら・・・

1年の沈黙を破って!!



◆ 2006/3/24(fri)     大本営発表に騙されていないのかな?    

   「日銀の量的緩和の解除」付いての日経のアンケートです。

1.量的緩和政策について理解している 49.9%


2.熟知しており解除の時期をウォッチしていた 23.8%

・・・という統計です
すごいですね!!


今回の件は国民の73%以上の人がこれを理解している。

私はこれは良く分かりませんし、どうなるのかわかりません。

試しに15人ほどの人に聞いて見ましたが・・・

簡単な私の質問に満足に答えられた人はいませんでした。


私は・・・今の時代は60年前とよく似ていますと言っています。

終戦前の特攻隊が又国民がみんな支援し応援した
(今回、石原慎太郎さんが(仮題)「俺はお前のために死にに行く」)
を書いて映画化がされる予定ですが、
特攻隊が行けば日本国は勝利すると信じて
知覧や鹿屋から飛んでいった特攻と
それを報道した「大本営発表」を信じた国民!

今まさに!!

「現状認識が大きく違い、いずれ間違っていること」が

分かった時にパニック状態や

暴動や恨みに繋がらない事を祈ります。

特に注目をしておきます。



◆ 2006/3/20(mon)     日々徒然に想うこと・・・    

1.ひとりごと(時間)
 
   *女性は時間を気にする(現実的)
 
   *男性は気を意識する(ロマン、精神)

   *奥さんは現実面で(うちの主人が)

   *男性の夢を拍手する

*男性の多い会社は、減給でも将来が見えると

*女性の多い会社は、現実を重視する

・・・ でもこのところ ・・・

男女が逆転している(たくましい女性、やさしい男性)

そんな世の中ですね。


 
 2.WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を観戦して
   
   まず・・・クールなイチロー選手の発言にしびれました。
日本を代表して行っているという感じが
ひしひしと伝わりました。


勢いがつくとは、背水の陣を張った時なのだ。

紙一枚で首がつながり
2度負けた韓国に3度は負けられないという意識が
イチロー選手より、ひしひしと伝わりました。

他の人もそうであったと思います。


だから、ほんの少しのきっかけで大きく燃えたんだと思います。
私は今回のWBCを観て
改めて勢いづく事の恐さと大切さを知りました。


ありがとう日本選手団の皆さん

心から感動致しました。



◆ 2006/1/1(sun)     丙の戌年は・・・    

大まかに来年以後を考えてみました!


1.2006年の夏ごろまでは株式が上昇する。

2.2007年度内(2008年1月に消費税が上がる90%以上)

3.税率は10%(自民党圧勝の為)

4.2007年度は消費税の駆け込み需要が出る。

5..2008年から特別なウルトラCを打たない限り、
以後3年間が大不況になる可能性大98%
かな


今後3年間が天下分け目の戦いになる!
自分が主人公、自分がメッセージを出すこと!

そのためには・・・

@ チャレンジ精神を持つこと(自分の命までも投げ出す)

A 学び(知恵とは恵まれたものを知ること)

B ネガティブな言葉を話さない。


それが勝ち組に入れるキーワードかな。

今年も人生の目標に向かって前進しましょう。


◆ 2005/12/31(sat)     2005年を振り返って・・・    

2005年はまさに小泉首相の一人舞台だった!
(年末の九州場所の表彰式を除いて(二匹目のどじょうはいなかった)
陰の動乱の時代は自分の身を削ってもやる
(暗い中でもろうそくに火をつける)
小泉さんは殺されてもやる!を掲げた→リーダーとしてすごいと思った。

・・・勝因は「3S」だった・・・

1S(シンプル)

選挙目的を明確にした(郵政民営化)


1S(システム)

1年前から準備をしていた
(民営化できなければ解散するといっていた)
   戦略と戦術と監督が出来上がっていた(小泉劇場)


1S(スピード)

否決(即解散)解散を反対した閣僚を別室に呼び寄せ説得

辞表を出した閣僚は認めず罷免した。


ただ小泉さんも誤算はあった
(衆議院が5票差で可決したことかな)

この結果を考えると日本の政治は大きく変わる。


今後の進み方は・・・
1.商売に徹する(勝ち組に入る)
2.仕事に関しては自分の意思を明確にする
3.目的は単純にして分かりやすく
をやりぬくことかな。


◆ 2005/9/19(mon)     その後の展開・・・    



民主党大きく変われば若手かな?
と9月12日のこの日誌に書きましたが

前原氏に決まりました!

96票対94票わずか2票差で
これはすごいことですぞ!

いよいよ2代政党の始まりか?

苦労人の前原さん恩師から学者になるのは
「頭が悪いから」と言われたそうですが・・・

政治は庶民の心を感じる事や大胆な発想が大切。
ぜひ改革の第一歩は天下りの禁止を!そして年金ですよ。

時期、参議院選が楽しみです(2年半後)



◆ 2005/9/12(thu)     今後の展開・・・    


今後の展開を想像してみると・・・

1.造反組みは帰れない?
(将来は大地みたいに地方新党か?)
優秀な県知事を中心にした組織も
(長野の田中さんのことではなく)
ただ今回は田中さんが一番まともなことを
分かりやすく話されていた気がしますが・・・

2.民主党は小沢一郎さんが党首に?
(乱世に強い)と故田中首相に言わせたひと。
大きく変わることが出来れば若手も・・・

3.世の中が二極化する、勝ち組負け組みに分かれる?
(トヨタとGM、クライスラー、ロールスロイス)
(自民党執行部と造反組み)キャノンと?

*すべての業界に起こる



◆ 2005/3/31(thu)     日本の政治家は知っているよね    


1.アメリカ合衆国の海軍司令部が横須賀にあることを!
アメリカ全軍を指揮し全土を守る司令部

2.今までアメリカの空軍司令部はグアムに有り
これを今度、
横田に移転することを!

3.アメリカ本土のワシントンに有る陸軍司令部を
キヤンプ座間
に移転することをアメリカが決定したことを!

・・・衆議院や参議院の皆さん・・・
アメリカの三軍の司令部が日本に来る意味を?
人間で言えば頭脳ですよ

戦争で敵が第1番に攻撃をかけるのが軍司令部なのですよ。
つまりそれが、日本に集中している訳なのです

アメリカの敵は今やロシアではない「中国」です。
今、盛んに評論家は中国の万博前後で暴動が起こり
中国がダメになると盛んに言ってます。

今、中国と台湾は盛んに憲法やらデモやらをやってますが、
国内が大混乱になると押さえる手段は戦争です。
そのとき台湾を守るアメリカノ軍司令部は日本に全部有るんです。

80基以上台湾に向かって備えてある核弾頭が付いたミサイルは
どこに向かうのでしょうかね?

世襲で議員をやっている二世やら三世の政治家さん教えて下さいね!

小泉首相も二世議員ですよね。

他の議員さんもまさか知らないなんて事はないですよね。

この私の独り言が危惧だけで終わりますように!



◆ 2005/3/30(wed)     正月の日誌に書きましたが・・・    

「中国が今まで以上に強い圧力を日本にかけてきそうです。

エネルギー資源の開発問題も含め、

日本と中国の国境の緊張状態が高まります。」

と書きましたが・・・

本音は軍事かな?

石油に名を借りて

実は軍事目的で、日本周辺の海底調査をやっているんだなと。

対潜水艦攻撃の準備かな。

日本の政治家でこんな事を解っているのは何人いるのかな?

・・・悲しいねこの国は・・・



◆ 2005/3/29(tue)     今 考えてみると・・・    

アメリカがイラクを攻めたのは、

フセインが石油の決済をドルからユーロに切り替えた為なのかな?

北朝鮮もユーロに切り替えたからな!

アメリカは今、双子の赤字だが、

主軸通貨がドルで有る間はつぶれない

印刷をすればいいのだからね!


◆ 2005/3/28(mon)     近頃 思うこと・・・    

ライブドアの堀江さんはお祭り男。
ホリエモン良い名だ、お祭り男にふさわしい。


昔「信長がこね・秀吉つき・食う家康

比叡山の焼き討ちをした信長はライブドアの堀江さん。
旨いこと上司を活用し、羽柴の名前を貰った秀吉は楽天の三木谷さん。
ジーと見て動かず関ヶ原を秀吉の部下同士で戦わせて
漁夫の利を取った家康は、ソフトバンクの孫さん。


という言葉が思いだされる。


野球にしろ、競馬にしろ、テレビにしろ。

何か中国の動きが気になるのは私の考えすぎですか?
 

◆ 2004/12/31(fri)     変化の動乱期が最大のチヤンスである    


2004年の最大の特徴は・・・

地震や台風等の天変地異が異常なほど起きた事と、

戦後で、その分野を牛耳つていた独裁者と言われる人達の失脚であろう。
西武や巨人のオーナーを始め野球界のドンと呼ばれる人達や

そして戦後の小売業のリダーシップを取っていたダイエーの崩壊で有る。

 私は今の時代は・・・

1.織田信長の時代の種子島に鉄砲が入った時期
2.徳川政権が崩壊した「明治維新」
3.日本の軍国主義の崩壊の敗戦
4.インターネットによる価値観の変化の現在
と非常ににていると常日頃から話している。

こういう時代は 名も無き若者の台頭が起きる!
そして非常に国家が混乱する。

今も日本国が始まって以来の借金財政に成ってしまっている。
おそらくハイパーインフレにしないと借金の返済は無理であろう!
いや利払いすらで有る!!

・・・でも考え方である・・・

長年築き上げて来た秩序は壊れるときにチヤンスが必ず潜んでいる

私たちは今それに挑戦をしようとしているのだ。


◆ 2004/12/30(thu)     私の師匠の言葉        


人生の勝者になる為に

1.健康が最大の武器(バイオリズムを)大切に

2.愛を持てない人間はダメだ(優しさ)


3.お金を儲ける、きれいに儲けてきれいに使う

4.腰だけは低くする、なおかつ威張らない

5.時間を守る(人間と動物の違い)


私の意見

遅れることは負からのスタートと考えています。

◆ 2004/3/3(wed)   今年がチヤンス、またとない機会だ!        


バランス→トップに取っては大切
自然の法則(バランス感覚)
バランスが無いと崩れる。
世の中は
「 平 時 」
「 乱 世 」
*平時においては乱を想い!
*乱においては平常心で対処しろ!
本当のリーダーは乱世の時に力を発揮する。
乱世に平常心を持てる人は勝ち残る!

だから今がチヤンス!

我々にとっては、またとない時代なのだ。


◆ 2003/12/31(wed)   2004年は終戦の1年前である(甲申・きのえ、さる)。 

「2004年平成(16年)は政府や官僚の一方的な社会主義方式の
崩壊の前兆が現れ国債等の暴落に続くと思われる。
昭和19年の日本国政府は各地で米英に負けているのに、
大本営発表により勝利と伝え国民を欺いていた。
そしてそれが東京大空襲により暴露し始め
翌年に敗戦を迎えたのだ有る(それとよく似ている)

昭和19年(60年前)は戦争による敗戦
平成16年(2004年)は金融面での敗北

見えてくるもの

1.官僚や族議員のやり放題(力が増す)

2.途方債の暴落(地方の切り捨てが始まる)

3.日銀による(紙幣の増刷)→財務省の引き受け
※初期インフレ(わかりづらいが)の始まり

◆ 2003/12/30(tue)   昨年は癸未(みずのとひつじ)                

2003年は・・・
「土の上に水が置かれた状態、下にある土が下克上のごとく、
上にある水を剋しその結果、世の中が泥水のように
どろどろした状態になると書きましたが

1.中曽根、宮沢両元首相が後輩の小泉さんに切り取られた

2.道路公団の問題も首相が諮問委員会を作り検討したが結局族議員や
官僚に良いように、やられてしまった。そして委員は辞任を、
ただ「諮問しただけ」ではあまりにもむなしくはないか?
同じ様なことは栃木県でも起きたが。。。

3.イラク問題はベトナム化し、「アメリカや日本が主張する
「テロとの戦いではなく」宗教を絡めてた人民の反米
反占領国の戦いになるであろう。

ここに自衛隊の派遣が。。。それで良いんだろうか?

ただアメリカが、今引き上げたらイラクはテロの発生基地になるが
早くイラク人による政府を作るべきである!
(ただし世界第2位の)油田の利権を米国が離さないだろうが

又日本では
今の日本は官僚制社会主義国だと思う。
厚生年金、社会保険は上げ放題、全く国民の意見すら聞かず
借金(国際や地方債)は無制限にしている。
誰がどうやって返すのだ!

第三セクターや簡保の宿などは売却やは倒産をしたが
誰れかが責任をとったと言う話は一度も聞いたことがない!
来年からの10年は国債や地方債の暴落や
地方都市の倒産が出て来るであろう。
まさに、一つの時代の終焉と新時代の始まりである。

◆ 2003/8/1(fri)   なにを勘違いをされているのかな                


「株価上昇は改革の成果である」
政府内で言っているが、それを野党が反論しない、
国会議員は、なにを勉強しているのだ。
今回の株価上昇は改革がうまくいったからではない。
むしろ
国や政治家が信用されていないから、
又本格的に信頼されなくなりつつあるからだ。
お金が国債などから逃げ出し、
株式や現物{金)等などにシフトしだしたからなのだ。
つまり国債よりも民間の株式に逃げ出したのだ
平成の会社再生法や今回の銀行の資本注入」などは、
何か江戸時代の徳政令ににている
大名を銀行に変えただけの気がするのだ
今、国債の価格から目を離すな、暴落を見逃すな

◆ 2003/7/31(thu)   二大政党時代に期待をする                


今回、民主党と自由党が合流したが、小沢さんの決断にエールを送る一人である!
名を捨てて、実を取った小沢さん
本当に日本の将来を心配していると思われる政治家はそんなに居ない。
剛腕と言われている、小沢さんだが、お会いをしてみると本当に優しい
かっての総理大臣の田中角栄さんが言われたことがある。
平時の橋本、動乱の小沢、大動乱に梶山
残念だが、今は梶山さんはこの世に居ない。
梶山さんが健全なら、デフレはこんなに続くかなかったであろう。
デフレの兆候が出たとき、彼は今なら7兆円入れれば退治できると断言した、
だが他の政治家はそれが理解できなかった。
それ以後、湯水の様にいくら、何十倍の金を注ぎ込んだか?
それでも退治できないのだ。
小沢さんを好きなどと、言う人はほとんど居ないだろう。
私は彼の手腕に期待しているのだ
小沢さんの書いた本を読んで欲しい!
そして将来(今の事を書いている)2大政党にして、
下手をやったら、いい加減な事をやったら
政権政党が変わる、政治家は社会から追放される。
そんな時代を一刻も早く、待ち望む一人である
日本が借金国から一日も早く脱却し、子孫に借金を残さない国になることを。

◆ 2003/6/11(tue)   私がいつもおかしいと思うこと             


昨年の10月25の日の日誌に書きましたが
拉致は国家の問題ですよ!
拉致された地域から総理大臣も出ているのに。。。

1.どんな努力をしているの、教えてほしい。     
2.何で責任問題を問わないの、失われた25年は?
3.アメリカなら第七艦隊が動きますよ、他書きました

私は不審船の調査を完全に終わっていないのに、なぜ行くのか?
麻薬や偽札は有ったの?なかったの?
そんな矛盾だらけな事を行いながら。。。

それが今になって!
万景峰号が再び日本に来るのを、今度は寄ってたかって止める。
拉致された方が帰国されてから、万景峰号は何回来てるのだ!
じゃ!日本に北朝鮮の船は万景峰号しか来てないのか?
と思って調べたら、新潟港や舞鶴港に
年間1800隻も入港している、その船にはなにもしないで。。
日本の政治家は何で動かないのだ!
先頭に立ってやらないのだ!

一貫性がないのだ


万景峰号を止めて、国を挙げて圧力をかけるなら
他の入港する船にもそれなりの対策は打つべきだろう!
又、北朝鮮に今回の事で帰れなかったりした人や、
我々国民に説明をするべきではないのか?

この大不況の最中、又デフレの中
今私達に欲しいのは、
将来はどうなる、
どうすれば安心した生活が出来る、
大きな国の目標と信頼を打ち出せるリーダーなのだ
私たちは将来の不安を払拭してくれる
政治家の出現を待ち望んでやまない、今日この頃である!

◆ 2003/4/1(tue)   ひとつの考え方            


全くの個人的な 1つの物事の考え方ですが。。。。

フランスがなぜイラク擁護にまわるのか。

その主な理由のひとつは・・・・
フランスがイラクに対する最大の輸出国だからである。
イラクの輸入年間116億ドルの22.5%→26億ドルが
フランスからの輸入である。
次いでオーストラリア22%・中国5.8%・ロシア5.8%の順である。
対イラクの貿易の利権順位がイラクの擁護チームになっている。

オーストラリア参戦の意味。
この点で、今回対イラク輸出第2位のオーストラリアが
英米連合軍に回ったことは印象深い。
その背景には、オーストラリアが英連邦の一員であることも
大きな要因なのだが、それよりも昨年10月バリ島で
イスラム過激派が起したディスコの爆弾テロで
多数のオーストラリア市民がテロの犠牲者と
なったことが大きな要因であるように思える。
イスラム過激派の活動に対して毅然たる態度を
取るという意思表示であるかと考える。

◆ 2003/2/1(sat)   明確な旗を立て、我この道を行く。            


混乱した乱世には、リダーが旗を立てて、指揮をしなければならない。
明確に方向を指し示す事だ!
あの会社はどう?あの役所は?○○は?
などは。。今の世の中には関係ない。
わが社を守るのは自分の発想と、心と、健康、である!
滅亡 ・ 倒産は(内側にすべてがある)
今の君の発想に
@工夫があるか?(無から何かを作り出しているか)
A忙しいと思っているだけいるだけ(無為に過ごす時間は?。)
今健在する、現存するものの中で無駄にしてたものを活用すること。
自分の心がしっかりしてくれば、ささやかな現実の中から「教訓が多く得られる」
我この道を行く

◆ 2002/12/28(sat)   平成15年は動乱期の7合目            


動乱期とはその国の憲法が変わって1〜10年目
または51〜60年目の50年事を言う。
平成15年は動乱期の7合目、過去の動乱期になにが起こったか。。
明治27年日清戦争、昭和16年大東亜戦争、昭和24年朝鮮動乱
来年は7合目
「イラク問題がある、2月1日が90%とみますが、どうか?」
そんな世の中の来年におこるものを考えてみた
@宗教などに入る人が増える。
A音楽などは明るい歌が流行る(昔の歌のリメイク)
新らたなアイデヤより」よりも昔の復古調や懐古調がはやる
ハリーポッターやロードオブザリングなどはその昔の再現か?
平成15年は過去に目が向き、過去の清算に入る」
B大手銀行が立ちゆかなくなる(もちろん地銀も)
C銀行の貸し渋りや貸しはがし、が多くなり倒産が起こり、大混乱になる。
D株や土地は一部を除いて落ち込む。
E3月決算は大幅な赤字が出る。
そんなことを考えています。。。

。。。当たらないことを祈ります。。。

◆ 2002/12/5(wed)   日本の財政は・・・            


現在の日本の予算は83兆円、税収は46兆円を切るといわれています。
年初に予算を立てても税収不足になり、借金が増え続けています。
国家の借金は約700兆円、地方の借金はその半分の350兆円。
つまりこの数字を個人の家計に直すと、
収入が460万円の家族が年間830万円も使い、
一年で370万円の借金をしている。そして借金は毎年増えている。
尚、この家庭は実に1億500万円の借金があるのである!
こんな人に誰が金を貸すの?
親父の金(郵便保険、国民年金)から金を借りている
なぜなら誰も貸してくれない(国債を買う外国の人はいない)
とっくに「自己破産」している状態なのだ!
国民の金が1400兆円あると竹中さんや塩爺が言っているが
もう350兆円しか残ってないかも?
あなたは資産を国債や保険や銀行預金で持っていませんか?
日本の国債が・・・
アルゼンチン債やブラジル債と同じにならないと言い切れるのかな?
企業の不良資産が→銀行の不良資産へ→中央銀行(日銀)の不良資産に
変更していないかい?
29日より始まった銀行の株の買取・国債の引き受け
後10年は持たないぞ!
あ、それから株を買うなら日銀買い入れ銘柄を
買うと良いよ!
そしてあがったらすぐ売却だよ

◆ 2002/10/25(sat)  素朴な疑問! 「なんでなの?可笑しくないかい?」           


国会会議員の先生が何人いるのか、このところ良く分かりません。
自民党と自由党が賛成して50人削減をするとか、
言ってたが、いつの間にか・・・
-20人になってしまったり、今は480+247=727人なのかな?
まーともかく、700人以上のプロの政治家と言われる人が
莫大な費用を国から(税金から)だしているわけだけど
今が最も混乱した困難な時代に
特に外交と経済がもっとも重要な時代なのに
なんで700人以上いる、自称プロの政治家がやらないで、

民間に下請けに出すのだ!

可笑しいとは思わないかい?
川口さんは選挙で選ばれた人ではなく。竹中さんもそうだ。
この困難な時代にプロの政治化がやらないでいつやるの?
プロの政治家は楽なとき、簡単なとき、安全なときに、やる人なの?
逃げているの?(指名した小泉首相を継続させる)
民間の下請けがそんなに良いなら、
平時の時でもやらせれば良いじゃないか(選挙費用もかからないので)
今、我々は、なんだか!
疑問に思った事や、怒る事や、訴える事を、忘れてしまったみたいだね。
北朝鮮に拉致された人が、帰って来られた時の報道を見ていると、
「たまちゃん」の報道とダブって見えたのは・・・私だけでしょうか?
何で責任問題や、
失われた25年などのことを問題にしないで

「あー手を振っています」「元気です」など、中にはもう帰って来たのですから、
「もう拉致ということはやめましょう」なんて言っている
テレビの関係者もいましたが・・・
拉致は国家の問題ですよ!
アメリカなら空母や大○○艦隊が動きますよ、戦闘機が飛びますよ。
何を日本の政治家は考えているのか?
1987年にレバノンの女性が北朝鮮の
工作員にさらわれた事件がありましたが、
内二人はユーゴススラビヤに行ったとき
隙を見てクエートの大使館に逃げ込んで難を逃れ、
レバノン政府は、すぐにそして徹底的にあらゆる手段を使い
残る2人の解放を迫った。その結果として、
2人は誘拐されてから1年4ヵ月後に
レバノンに帰ってくることが出来たのだ。
国家は国民を守る義務があると思う。
申し訳ないが、私はレバノン国を正式に地図の上に書けません。
拉致された地域から総理大臣も出ているのです。
何をどんな努力をしたのか教えてほしいです。
これで良いのか「日本国家は国民を守らないのか?」
もう一度、沖縄や北方領土や抑留した人を思い出させるのか!
今こそ、きちんとしなくてはと思います。


◆ 2002/8/13(tue)  9.500円を割り込んだら             


株式のことを盛んに聞いてくる人がいますので、私は稲穂の反対と答えています。
私はプロではないので、株をやるなら当分(2年から3年は)
使わない金で5.6点買いから10点ぐらいを行い、
売却はいくらになったらでは無く、いつの時期と決めています。
原則は稲の反対、秋に仕込み冬を寝かせて春に売る。
夏は休み!
ただ今回はダウ平均が9、500円になったら買いかな?
ハイテクよりローテク、オールドエコノミー株(資源株)がねらい目かな?
株まずは8月は様子を見ながら9月に仕込みゆっくり時を待つ、
ひとつのピークは2003年10月、そして2005年にインフレのひとつのピークになるかも?
長引けば2015年までトラブルはあるかも。

◆ 2002/6/18(tue)  W杯ワールドカップの裏で             


本日3:30より日本対トルコと戦うわけだが、
15日の新聞に「日本不敗競合に名乗り」まさに良くやったっと言えよう!
だがその裏では増税一色にされようととなっている、
まさに国民に痛みを押し付けるやり方である。
また健保改正法案が単独採決され
サラリーマンの健保負担が2割→3割りに引き上げられた!
抜本的な改革は何もされずにである!!
民の立場だった小泉さん、政策は官僚、財務省の思うまま、
「官は本来民の意思を達成させるための潤滑油を目指すべきでないのか」
まだまだこの次は軍事や報道に関する規制が多く出てくる、
まるで太平洋戦争突入時の昭和15〜17年ごろのを彷彿とさせるのはなぜだろうか
いやな世の中になったなぁ〜!

◆ 2002/6/5(wed) 自国の理論「コップの中の水の理論で話していないか」
             ムーデイーズの国債の2段階下げ NO2


あくまでも私の考えだが・・・財務省などがムーデーズの格付けがおかしいと言っていると
新聞は書くが、本当に外部から見ておかしかったら、
G7の外相や、ブッシュ大統領やシラクさんなどが、
または外国の評論家が騒ぎ、
今回の格付けは日本を評価していないといわないだろうか?
円が異常にに高くなっても、安くなっても、
今の「円安、円高」はおかしいと外国の財務省はいつも言っているのに、
そして日本の評論家はその新聞の切抜きを見て、
外国ではこう言っているとテレビで大声を張り上げるはずだ!
日本の国のことを日本だけが間違いと言っている。
他の国はそれを認めているとしたら・・・
いくら国民が金を持っている貯蓄残高1200兆円としても、
国家予算80兆円で税収50兆円、借り入れ30兆円で運営すれば、
今国の借り入れが800兆円あるとしたら、10年後は1100兆円
これは・・・
大変なことになる!
私は政治家ではないので単純に考えたい。
このまま行ったら、後日本は何年持つのだと・・・
自分たちカンパーニイファミリーはなんとしても守りたい。

◆ 2002/6/3(mon) 奢る平家にならないか?
               ムーディーズが国債2段階格下げ!


日本政府は・・・
@国債の返済不能はあり得ないとか
A格下げ材料が売りにならないのは各付けに違和感があるからだ!
などとムーディーズを攻撃しているが
日本国の基本方針とその運営が問題であり、信頼されていないのだ。
1番目→日本国の財政赤字の歯止めをかける政策を出すこと。
2番目→国債の大半を国内で消化出来る点が違う、
「海外に買ってもらっていない」この事は国家が破綻したら国民も一緒に破滅をする。
※確かに日本が援助している国より低いことは納得しない→むしろ援助のやり方を改善すべし!
3番目→政治家の日本国の経済運営能力が国民や市場に信頼されていないことだの
※民間貯蓄が多くあってもその大部分は60歳以上の人が持っているのだ。
→その方々に老後の安心感がないために消費をしないのだ。
4番目→不良債権の早期処理・経済の長期不況からの
脱出のやり方を市場や国民に納得する説明
※景気の底入れなどと騒いでいるが、
そんなことで安心をしていると→ゆで蛙にならないのか
→思い切って釜から飛び出さないと
足利幕府は15代
徳川幕府は15代
自民党単独政権は15代
まさか「江戸幕府」がああもろく崩壊するとは誰が考えただろうか?
その中にいて→「日本国内」と置き換えて、
ローマの国民は国が滅ぶことを考えただろうか→まさか・・まさかではなかったのか?
恐ろしい時代が後10年もしないで、来そうな気がしてならない。
私はせめて社員(その家族)と自分の家族ぐらいは守りたいものだ!

◆ 2002/5/23(thu) 金利と銀行について考える!

ペイオフに関連して、大部分の人が定期預金を普通預金に
回したのを良い事に銀行は金利を0.001%に下げた。
これは100万円貯金して10円の利息(税金を支払えば8円)
もし3%で貸付をすると100円で30万円!
つまり。。。。荒利3000倍である!

こんな商売が、この世の中であるのだろうか?
100円の商品を30万円で売っているのである。
それでも銀行は、不良債権処理で大赤字!
私達も今度は「預金通帳」と言わず
貸付通帳」にして、
本店を担保に。。。支店長に保証人になってもらう!
そんなことを考えたら、また楽しいのではないか?!
そうでもしないと。。。
アホらしくてやっていられない!そんな今日この頃である!

◆ 2002/4/5(fri) 株高の円安になる!

@夏に向けて株式は上がる、13,000円台に、年末にはまだ上昇します、
A通常株が上がれば円は上がります。これが常識です、
だが私の考えはまったく逆です
私は1ドル140円から150円になると思っています。
本当は相場はそんな短期には予想はしませんが
少なくとも1年から2年で予想をします。
2003年に150円以上に
2004年に160円から200円になる可能性が非常に強い
なぜか?日本が非常に弱まってきているということです。
ムーデーズの各付けはAa3(AA)
日本はポルトガルよりも低く、イタリヤ、台湾,香港と同じと世界は見ています。
日本から世界を見ている、私たちには実感が沸きませんが。
今の日本の問題点は失業率の上昇傾向と高さです、又日本の企業の空洞化です。
今後大きな問題になります。
そんな日本の所得を世界所得と比較してみると
給与水準が日本は5万ドル、アメリカは3万ドルです、これは調整されると思いますが
日本人の給与を下げることは難しいので、為替で調整されると思います。
これが円が下がる根拠です「予想外の円安になる可能性があります」
今後は今までの実績に甘えるのではなく、これから来る新時代に
私たちの目標「役割をしっかりと定め、
世の中の堕落「政治,役人、経済,子育て等」と決別し、
これから来る史上最大の経済の混乱に打ち勝って行こうではありませんか!
私は真の仲間と共に,全精魂を傾け、明日の日本に挑戦します。

◆ 2002/3/8(sat) 3月危機は去ったのか?

下げとまるか日本経済!
株価は、昨日12,000台を回復したが
これで本当に三月危機はないのか?
今回の株高は空売り規制強化をきっかけに
外国人投資家の買い注文によるものである
これにより大手銀行や保険会社の含み益損益は、
ゼロになり一息ついたところと思う。
ただこれで底は打たれたように思うが、
まだまだ金融機関の不良債権問題や
第三セクタアーの不良資産問題が出てくるであろう!
売れていない工業団地や何とかの湯、見たいな保養所は
ほとんど真っ赤かではないかないか、これのいっせいに破綻はないのか。
非常に気がかりである。
又、日本国債の格下げである、昨年12月にAa3に下がったばかりである。
Aa1のベルギーやカナダより下はもちろん、Aa2ポルトガルより下であり、
Aa3は日本、香港、台湾、イタリヤと同じ各付けであり、
又、後2段は下がるなどいわれている昨今である。
本当に真の政治家に登場してもらいたいものである、そしてデフレ対策を望みたいものである。
ただ我々経営者は駄ただ手をこまねいているわけにも行かず、
確実に手を打ちたいものである。
まず一番はペイオフ対策である!今までの考え方を捨て
銀行の各付けに注意をしながら、進めたいものである。
又商いに対しては確実に経常利益を出すことに心がけて行くべきだろう。
もちろん!
不良在庫や売掛金や手形も注意すべきは当たり前ではあるが・・・・

◆ 2002/2/4(mon) 今の時代に生まれて良かった!

私は今の時代は織田信長の種子島に鉄砲が伝わった時代と,明治時代と終戦の時が
非常に似ていると話してきた。今世間では不況と言われて悩んでいる人が多いが、
見方を変えると、時代の変わり目ほど面白いものはない。
もし私が徳川三代将軍の時に百姓で生まれてきたら、私の12代孫の代まで百姓だ!
絶対に大名になれないだから今がチャンスなのだ。
※今までなら巨大市場は談合でガチガチに固められ、我々はそばにも寄れず、
 いつまでたっても下請けは下請け、そんな秩序の中で生きてきた。
その世界が壊れる、かたくなな世界が轟音と共に崩壊する。
そして新しい新規市場、ニュービジネスが展開されようとしているのだ。
それがまさに目の前にぶら下がっている!
5年や十年などの生易しい変化などではなく、100年単位の、今私たちが生きている人が、
もう死ぬまでに一度,経験できるかどうかの大変な時代に生まれたのだと・・・
この大激変を前にしてワクワク、ドキドキ、胸踊らない、
 私の仲間の経営者はどうかしているのではないかと思う。

もしそんな仲間の経営者がいるのなら私は薦める「あなたはすぐ経営者を辞めなさい」
私の意見に賛成ならば「死に物狂いでこの数年を生き残ろうではないか」
ただ我慢する、耐える、ではなく将来に夢を持ち、目標を掲げ、計画を立て実績を積みながら
この激動を楽しみながら,確実にやがてくる将来を見据えて・・・